読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

ガラクタで埋め尽くされたら

3月某日。 松阪市内で信号待ちをしている際に目に入った看板。 家は足を骨折しているらしい。良く見ると、左手にも包帯を巻いているので、重傷のようだ。いったい、家が何をしてこんな怪我を負ったというのだろうか。台風にやられたのだろうか。三重のお年寄…

8歳の娘はこどもっぽくて大人っぽい

昨日、私はいくつかのドラマを見ていました。その横で娘がiPadをいじってたんでおそらくマインクラフトをしていたと思われるんですけど、彼女はドラマのセリフで気になるところがあるとiPadから目をそらさないまま真顔でツッコミを入れてきました。 これがな…

ネコヤナギの花穂に触りたかったけれど

春を感じるのはくしゃみがひどくなったとか顔をかすめる風が暖かくなったとか街が闇に包まれる時間が遅くなったとかいろいろあるんじゃないかと思う。 ブログに梅の花の写真をあげている方がたくさんおり、それを見ても春がきたことをじんわり感じている。 …

2016.3.12 ~歩く道は違っても最終的に出会える可能性もある

普段行かない場所を歩くのは楽しい。 ただ、配管を見ただけなのに、私の頭は勝手に色々なことを考えている。 今日は同じように並んでいるのに交わらない管を見て、それって最終地点は一緒なのにプロセスが違うってことのようだなと思った。 この日、このタイ…

こどもがはじめてのことに遭遇した時に感じる、緊張と可愛らしさが伝わってくる『もじもじこぶくん』を読みました

こないだ、義母が回転寿司へ連れて行ってくれた。 そこは回転寿司ではあるが、チェーン展開している店ではなく、すし職人が握ってくれるちょっぴりお高めの回転寿司だったりする。ネタも新鮮でどれを食べても美味しいと思える、そんなお店だ。そのお店で娘が…

2016.2.27 ~小児科にて

息子の予防接種を受けるために小児科へ行った。 通常診療時間に行ったのでマスクをして、できるだけ周りの人と接触のないようにしながら待合室で水槽を眺めて過ごした。 水槽の中には手を広げるようにゆらゆら動いているピンク色のイソギンチャクが存在感を…

マスヤの『コロッケーズ』は見た目のインパクトだけではなく、とっても美味しいおせんべいでした!

三重が誇るお菓子メーカーといえば、おやつカンパニーあたりが有名だと思うんですけど、おにぎりせんべいのマスヤも忘れてはいけません。 www.masuya.co.jp おにぎりせんべいをご存知ですか? 三角形のかわいいせんべいなんですけど、私が埼玉に住んでいた頃…

『エスカルゴ牧場』へ行ってきました!

三重県松阪市にあるエスカルゴ牧場へ行ってきました。 私がエスカルゴ牧場へ行きたい!と思ったのはメレ山メレ子さん(id:mereco)さんの著書『ときめき昆虫学』の中でこの牧場のことが書かれており、うわっ!なんだか面白そう!と思っちゃったからです。 ただ…

好奇心の海を泳いでいく

アニメはわりと好きだけど、今はまったく詳しくなくて少し観る程度のわたし。子どもの頃は思いっきりテレビっ子で、夕方からの再放送アニメもかなり観ているような子であった。魔女っ子メグちゃん、ビッケ、ガンバ、てんとう虫の歌、一発貫太くん、一休さん…

2016.2.14 ~なにもない けれどワタシはいます

今日の天気はちょっとおかしくて、夜中に降った雨が朝上がったと思い、洗濯物を干そうと外へ出たら天気雨だった。そのあとも晴れたり曇ったり、大忙し。けれど、空気は暖かく、春のようなにおいがした。 友チョコだとか、義理チョコだとか、彼氏にチョコをあ…

黒か白かハッキリしてほしかった

化粧をしようと思い、鏡を見ていたら、私の髪の毛が太陽の光に照らされてキラキラ光っていた。描写だけだどなんだか天使の輪っぽくてティモテ~♪と言いたくなるところなのだが、そんなきれいなもんじゃなく白髪があったのだ。白髪というやつは光に照らされる…

2016.2.10 ~ちょっとだけ嬉しいのだ

今日の月は電柱に隠れそうなくらいひっそりとそこにいた。 コンビニやドラッグストア、スーパーなどで買い物をするとき、できるだけにこやかに店員さんの言葉に反応するようにしている。 レジの対応も人それぞれだけれど、スーパーのおばさま達は挨拶から入…

あはは、いひひ、うふふ、えへへ、おほほ☆

最近、読んだ本。右にいるきんぎょの名前が「いちゃぽん」という可愛らしい名前だった。可愛くて、ちょっと不思議で、するするってあんまり頭を使わずに読める本でした。 *** ブログの読者数がぞろ目になっており、なんだか嬉しかったのでTwitterで呟いた…

2016.1.27 ~いちにちの始まりはピカピカで真っ黒だった

先日、娘から漢字ノートが使い終わったので買ってきてほしいと頼まれたため、、私は昔ながらの文具店で84字の漢字ノートを購入した。 今朝、娘がその漢字ノートに名前を書いてほしいと頼んできた。「自分でも書けるけど、上手く書けないからできるだけ上手…

いーけないんだ、いけないんだー

三重に住んで10年くらいになる。 さすがに方言にもだいぶ慣れ、相手が言っていることがわからず、困るようなことはなくなった。 だが、ときどき、こどもの言葉を聞いてついつい笑ってしまうことがある。言葉が面白いというよりは、自分がこどもの頃に使って…

あのね、個人の日記だからね……

娘が宿題の「あのねノート」になかなか手をつけないので、早くやるよう促すと、「何も書くようなことをしてないから書けない」と言った。娘は昨日、クラスのお友達と公園で遊んでいるし、今日も本人の希望でブックオフへ連れて行ったりしている。 「はなちゃ…

2016.1.22 ~ふくらんだりしぼんだり

何度か書いているが「ふくらんでいる」に参加させてもらっている。 ズイショさんが参加者を募集していたときに、なんとなく面白いそうだから参加させてほしいとお願いした。私の投稿頻度は決して多いわけではないけれど、一緒にやらせてもらっていて良かった…

2016.1.17 ~可愛いものは眺めるだけで幸せだ

穏やかな日曜日。 今日は、メリーゴーランドで開催されているスズキコージの「ヤッホーホイホー」展を観に行った。(今日が最終日) 今月のメリーゴーランドのディスプレイはおさるさんがいっぱいだった。 ここにディスプレイされている下段真ん中の「おさる…

紙飛行機に言葉を乗せて

車関連の会社からの年賀状をたくさん見ている中で、「来年は表彰台に登れるようにがんばります!」と書かれた年賀状があったため、手を止めた。どんなレースでの表彰台か気になったからだ。だが、よくよく見てみたらそれは車ではなく紙飛行機の大会で表彰台…

近くて遠いから、うれしくてさびしい。

最近、といってもけっこう前からになるのだけれど、荻原魚雷さんのブログを度々読んでいる。なぜ、荻原魚雷さんのブログを読むのかと問われたなら、当たり前のように過ぎる日常を書いているからであるし、それともうひとつは荻原魚雷さんの故郷が三重県鈴鹿…

2016.1.9 ~ちょいダル駅伝

正月休みも終わり、平常運転に入ったとたん、のどの上と下がくっついちゃうような感覚を味わい、「あ、これ、のどがやばいんとちゃう?乾燥してるんちゃう?放っておくと悪化するやつじゃないのやろか?」てな不安に襲われた私は、しばらく早めの就寝を心が…

2016.1.4 ~リセット

年越しするまでは忙しい。 けれど、年を越す、その瞬間を過ぎれば、1秒ごとに気が抜けていきそうな空気をいつも感じている。ぴんっとゴムが張った、はち切れんばかりの風船がしぼんでいくようでもある。 では、その風船にいつ空気を入れて、ぴんっと張ったと…

三日後ぐらいに私の体に歯形がないことを祈っている今日。

いやっふぅ!クリスマスですって!いやっほぅ! 浮かれている、もしくは浮かれていた、皆様、こんばんは。 まったくをもって浮かれておらず、クリスマスという大型客船に乗ることも叶わず、救命ボートの上で手を振っていらっしゃる皆様もこんばんは。 私は救…

手紙が運んでくるのは言葉だけではない

朝、車のエンジンをかけたらエンジンがかかりづらく、変な音がした。一瞬だけなんかの表示が点灯した気もした。車が動かなくなることほど、田舎で怖いことはないので、私はすぐにディーラーへ車を持って行った。車を見てみてもらったら、「あー、これ部品が…

2015.12.21 ~そういえばジンジャーエールも好きなんですよね

最近、会社でハーブティーを飲んでいる。 女子力をあげよう!とか健康に気を遣っているんですわたし!を装っているわけではない。そりゃ、ハーブティーを購入したときは「わたしもちょっとばかり体に気を遣わなくちゃかな」とは思ったけれど、いざ飲んでみた…

年賀状、はじめました

すでに、年賀状の投函が開始されている今日この頃ですが、わたくし、やっとこ年賀状、はじめました。 今回は昨年より手抜きにはなりますが、それでも手作りでやっていくつもりです。 手作りっていうのは、プリンタのお世話にならないってことであり、ハガキ…

壊れたマグカップ

マグカップが壊れた。 気がついたのは、コーヒーを飲もうと棚を開け、マグカップに触れようとしたときだった。カップの取っ手がぽきっと外れ、横にころんと転がっていたのである。その姿をみて、頭をよぎったのは「コーヒーをなみなみ注いだカップを手にした…

あの日の、バカなわたしを思い出したから、あなたも思い出したらいい

文章を読み、咀嚼していくことが少しばかり疲れるゾーンに突入したようで、あまり文章を読んでいない。気分もいまいち乗らない。晴れているのに、雨が降っていた、あのときの空のようだ。おそらく、もっと忙しくなったらそんなことも忘れ、年末に向けてカウ…

2015.12.7 〜苦くて甘い

人と人。 お互いの歯車が噛み合えば良いのだろうけど、その前に私の中の歯車が噛み合っていないことに気づき、溜息をついた。 口の中にコーヒーの苦味だけがいつまでも残っているようで、すっきりしないけれど、それでも笑わせてくれる芸人ってすごいなと思…

2015.12.6 〜玉が跳ねた

12月に入り、年末感が出てきたため、少しずつ要らないものの処分を始めた。こどもがどこかのレストランでもらってきたおもちゃだとか、もう年齢的に使わなくなったおもちゃ、チャレンジの教材などをがしがし、袋に詰めて不燃物リサイクルセンターへ車で持ち…

娘が欲しがった『ATM型貯金箱』を使ってみた

娘はマンガ雑誌「ちゃお」を毎月読んでいます。 そのことについては、参加させて頂いている「ふくらんでいる」で触れたことがあるので、こちらを読んで頂ければ話が早いです。 http://a-expanding.tumblr.com/post/132931414347/えこ a-expanding.tumblr.com…

2015.11.30 ~街を歩くと

毎日、気にも留めないほど日常に溶け込んだ行動をしている際、不意にそれらが不思議なことをしているような錯覚に陥ることがある。 例えば、カーテンを開けたとき。 キッチンでマグカップを洗っているとき。 湯船に足のつま先を浸けたとき。 いつもは素通り…

楽しんでいる姿を眺めていたい

実家へ電話をかけた。母に聞きたいことがあったのだ。聞きたいことと言っても、私の方向性が間違っていないかどうかの判断をしてほしかったというのが正しいかも知れない。 私がこどもの得手不得手を見て、改善の足掛かりとしてやっていこうと思うことがあり…

健康診断を受けたはなし。

先日、健康診断へ行ってきました。かれこれ何年か数えるのは面倒なのでだいたいで言いますと5年以上10年未満ぐらい同じ病院へ健康診断へ行っております。そんぐらい行っておりますと、流れを把握しているため緊張感はやや薄れるもののそれでもやっぱり気が重…

2015.11.19 ~嫌なヤツになるときもある

ぽつりぽつりと降りだした雨を見たときに、物干し台に干しっぱなしになっている洗濯物を思い出してやや焦ったが、さらに雨音が強くなってきたら、もう、どうでも良くなった。なるようになれ!と思った。 家に着き、干しっぱなしになっていた洗濯物に触れてみ…

2015.11.15 ~好きな服を着ていたい

起きたら冴えない天気だった。休みの日にたくさんの洗濯物を干すのがわりと好きなのに、そんなときの湿った空気は少々残念だ。 しばらくしたらほんの少し明るくなってきて、空が笑ってきたのか!なんて期待したけれど、結局は晴れも曇りも雨もある安定しない…

良いことあるぅ!

こどもの頃に横断歩道の白いところだけを踏んで歩けたら良いことあるぅ!とかマイルールを決めて遊んだ経験はどなたさんもあると思うのですけど、大人になった今も他人から見たらなにそれ?と言われかねないマイルールをひそかに設けていらっしゃるかたはど…

意味のないことを考えるのは生きているから。

小指のあたりがかさかさしていて、かゆくてかいていたら血がじわっと滲んだ。 赤い、そこそこ綺麗な鮮血を見たらかゆみだけではなく、なんだか痛みもじわじわ感じている気がしてきた。 もしも暗闇の中で小指をかいていたら。 私は血が滲んだことに気づかなく…

星が輝くとき

寒さが身に染みるような季節の入り口に立ったようだ。 いまさらではないか。もう十分寒くなっていたではないか。そんなふうに思われるかもしれないが、こないだ夜の名古屋を歩いたとき、「あ、さむい」と実感したのだ。肌で感じる空気がひんやりして冷たいと…

2015.10.18 ~表ではなく裏を楽しむ。

公園の草取りをした。 1度、除草剤をまいたようなのだが、それを乗り越えて生えてきた草を手でむしった。 この季節に草を抜けば、次に青々と生えてくるのは春がやってくる頃であろう。 春がくるまで、公園の地面はむき出しの「はだかんぼう」だ。 お腹を壊さ…

わたしは「はてなブログ」を楽しんでいます

はてなでブログを書き始めて2年強ってところですが、今日までとても楽しく過ごしております。 はてなブログを始めた当初は相互で読者登録をし、お互いの日記を読みあうのが楽しくて楽しくて仕方ありませんでした。今もそのような関係が続いている方もけっこ…

私はここにいます ~息子と息子の友達と話をして

土曜日は運動会だった。 昨年は娘と息子の2人が参加していたが、息子が中学生になったため、娘だけの運動会であった。そこまで運動が得意ではない娘は演技で踊ることを一番楽しみにしていた。踊っている姿を目を細くしながら眺めていたが、得意気に踊る娘が…

2015.10.2 ~麦藁帽子を脱ぎ捨てたら猫がやってくるかも知れない

今朝の道路は混みあっていて、行く先々の信号で足止めすることとなった。 「ふぅ」 ため息をついた私の視界に、前を走っていた幼稚園のバスがぐいんと入ってきた。ワンボックス型の幼稚園バスは右側にひとり掛け、左側にふたり掛けの席があるようであった。…

2015.10.1 ~このまちの夜は眠りにつくから

10月は輝く月の美しさに酔いしれた後、ひっそりと訪れた。 秋のもの悲しさは良いよねって話をしていて、結局、人はひとりぼっちだよなって思った。家族がいても友達がいても私は私の中にいる「何人かのわたし」と話をしていることが多い。突っ走る私と軌道…

2015.9.27 〜漱石がアイラブユーを訳したの

月がきれいですね。 夜空にぽっかりうかんでいます。 十五夜の今日は、子ども達が泥棒になって現れる日。私も玄関先にお菓子をたくさん並べていました。 夕方、きゃっきゃと響く子どもの声が路地に響いていました。 うちの子達もご近所を回り、たくさんのお…

2015.9.24 ~北へ西へ走らせて ついでにほしいものりすとを作った

連休は、遠出をすることはなかったが、南へ行って西へ行って北へ行ってきた。 「おかあさん、なんで東へは行かないの?」 娘に聞かれた。そりゃあ、だってね、娘さん。 東は少し行っただけでもう「海」なのだよ。 浦島太郎のように亀を助けて竜宮城へ招かれ…

『うさみくんのお姉ちゃん』と日常の風景

Eテレで放送された「青春舞台2015」をみた。 放送前から楽しみにしていた訳ではなく、何となく観始めたらハマってしまい、慌てて録画した。 2時間番組の前半は全国高等学校演劇大会の全国大会出場校で構成されたドキュメンタリー。 後半は最優秀校の舞台をノ…

SとLとPとM

週末に部屋の片づけをしていたのですが、掘り起こした物たちをいちいち眺め、なかなかはかどらないというお約束な楽しい時間を過ごしました。(結局、何とか終えましたが) 出てきたものと言えば、娘が0歳児の頃に保育園でやりとりしていた生活メモだったり…

2015.9.2 〜雨をこの手で受け止めて

最近の空は気分屋で、ざぁざぁ雨を降らせたと思ったらいつの間にか太陽が照っていたりする。 夏の終わりの名残惜しいような暑さをそこまで感じることがないまま、秋の足音が近づいてきているように感じている。 昨日は上手くいったと思ったのに、今日はまっ…

2015.8.29 〜また、あした。『夜とコンクリート』

夏は嫌いではない。けれど、冬ほど好きではない。 夏は馬鹿みたいに騒いで動きたくなるけれど、それ以上の日差しと眩しさにクラクラしてしまい、なんだか辛くなってしまうのだ。だが、夏の終わりの雰囲気は大好きだったりする。 弾けた後のゆっくり流れる空…