バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

ねこ ねこ

外出先から帰宅し、車を車庫に入れようと近づいたら、車庫の前にトラ模様のネコがいた。ネコは車がきたら避けることをすでに学んでおり、しゃっと動いてはくれたのだがネコが向かった先は車庫の中だった。私はバックで車庫に車を入れなければならず、ネコを…

『よるのおと』

私は寝つきが良いのだけれど、時々夜中に目を覚ます。 不安なことが続いたりしている時に目を覚ますことが多いようなのだが、夜中に起きてしまうと夜があまりにも永遠にあるようで怖くなったりする。 一年を通してみれば、夜の長さは違うけれど、昨日の夜と…

ヤコウタケ栽培、二度目の発光です☆

一度目の発光を終えてからもずっとお世話をしていたヤコウタケ。 ついに幼菌が出てきました! 昨年、ヤコウタケを栽培した際は二度目の発光を観ることが出来なかったため、今回は育ってきた幼菌を観るだけでテンションが上がりました。 この写真は栽培を開始…

「それぞれのタイムライン」

ここ数年で私は何を学び何を得ているのか、手ごたえを感じずにわからなくなったりしていた。例えば、学校へ通っている時は学んだことに対してテストがあり、少なからず知識を得たことをはかれたり、感じられたりしていた。それに対し、現状は何ができるよう…

クラムボン@松阪M'AXAと紙ジャケットにこだわった『モメント e.p. 2』が素敵だった話

クラムボンのライブ@松阪M'AXAへ行ってきた。 事前にサイン会があることが告知されていたため、早めの整理券を手に入れようとCD『モメント e.p. 2』だけ先に買いに行った。 三重県に住み始めてから行ったライブはほとんどが「おひとりさま」なので、開場後…

『デザインのひきだし』第31号が付録も盛りだくさんで素敵だったのです☆

『デザインのひきだし』第31号を購入しました。 「デザインのひきだし」は以前から興味があって、今までも欲しいなって思った時もあったのですが、なかなか手が出せずにいました。 けど、今回の号は本紙の内容もさることながら、付録が豪華と聞いて購入に至…

わたしはわたし。あなたはあなた。

理解してもらうことの出来ない寂しさと理解してもらえることの嬉しさを同時に抱えながら過ごしていると、時々心が歪んでくる。私という存在自体が疎ましいのであればそこから姿を消すのが一番の解決方法なのであろうことは想像がつく。「新しい環境に身を置…

二度寝に喜びを感じつつ、本を読んだりしています

ここのところ、ずっと眠い。よく眠れるのは夏がきていない証拠とも言えよう。夏になると汗がべたっ、蚊がぶーんとして眠れないのだからね。 夜が短くなり、昼が長くなったのは実感している。とにかく朝、明るくなるのが早い。間違って4時頃に目を覚まそうも…

ヤコウタケが綺麗に発光しました☆

5月の中頃から栽培をはじめたヤコウタケが発光しました!! 栽培を始めて13日目がこちら。 子実体、幼菌がわさわさと出てきてテンションがあがりました。あれ、キミたちはどこに隠れていたのかね?ってぐらいの量なのです。 で、こちらが栽培を始めて15日目…

風の強い五月の水曜日の午後

ハムスターがホイールをからから回すように何事もからからスムーズに進めばいいのだけれど、そうもいかない時が多々あって、水分がなくなったように心がだんだん干からびてくる。 からから。 進行方向がどこなのかわからず、まるでミラーハウスに入って迷っ…

ヤコウタケ、今年も無事に光りました☆

ヤコウタケ、今年も無事に光りました! こないだのブログで38日目の状態の写真を載せました。 それがこちら。 1日経った39日目には丸かったかさが開きました。 ヤコウタケは軸が細いため、少し倒れてしまったのですが、かさが開いた状態がこちらです。 昨年…

「好きなもの」についての話をたくさん聞いてみたい

検索流入ワードで「孤食ロボット」が増えたため、どうした?なにがあった?と思ったら、ドラマ化するらしい。しかもロボット役をジャニーズの子(Hey!Say!JUMP)が演じるというので、どんなもんかとサイトをのぞきにいって「ああ…うん…」と頷きながら静かに…

ヤコウタケ栽培、今年は成長速度がのんびりです

昨年同様、今年もヤコウタケを育てているとブログに書いてから、ヤコウタケが育つ気配を見せず、焦りまくって1ヶ月強が経ちました。 ヤコウタケ栽培キットの中には詳しい説明書があり、光の加減によっては菌糸が緑っぽくみえることが記載してあったため、ず…

『団地のはなし』

家から歩いて10分ぐらいのところに5階建ての団地が2棟建っていた。その団地は通学路のすぐ脇にあったので、私はいつも団地を眺めながら登校していた。 戸建てに住んでいた私にとって団地というものは不思議な存在だった。この大きな建物の中にいくつもの家…

息子が修学旅行から帰ってきました

息子が2泊3日の修学旅行から帰ってきた。 出発前日は荷物を先に送るため、学校まで車に乗せて送って行ったのだが、ほとんどの子がキャリーケースをコロコロ引っ張って歩いていてビックリした。 「へぇ~、今の時代は中学校の修学旅行でキャリーなんだ!」っ…

雰囲気美人な店員さん

コンビニに寄ったら、レジが外国人のお兄さんだった。肌はやや黒く、手つきはまだぎこちなさのある若いお兄さんで、名札を見たら外国人っぽい名前が書いてあった。 私の前に並んでいた方が思ったよりも会計に時間がかかったため、私は空いた隣のレジに移った…

疾走感がありつつもゆるくて面白い『フワフワ』を読みました ~ついでに絵本を何冊か紹介しちゃいます☆

『フワフワ』を読みました。 ehonkan.co.jp おおなり修司さんと高畠那生さんの組み合わせで面白くないわけがないでしょ!と思い、本屋でぱらぱらめくってみたら……やっぱり面白かったのです! タイトル『フワフワ』の文字からふわふわしていますが、すべての…

凝った料理はつくれないけれど。

連休最終日。 連休中にそんなに遠出せずにいたためか、そこまで「休みが終わっちゃうよぉぉぉぉ!」感はない。けど、まあ、休みたいよね。とにかく眠いので。 滋賀にも行ったけど、峠を越えたらあっという間に着いてた。近い。忍者になったたぬきがいるあた…

「描かれた大正モダン・キッズ 婦人之友社『子供之友』原画展」へ行ってきました

刈谷市美術館で開催されている「描かれた大正モダン・キッズ 婦人之友社『子供之友』原画展」へ行ってきました。 https://www.city.kariya.lg.jp/museum/exhibition/schedule/H29kodomotonoto.html 『子供之友』は婦人之友社から1914年に創刊され、大正から…

手のひらを広げて

先日やってきた生理痛は久しぶりにかなりきつく、「お腹と腰付近でずんずんどんどんぱふぱふお囃子ごっこしてんじゃないわよ!」と叫びたかったけど、叫ぶ気力もなくてぐったりと横たわっていた。痛いけど暇なので動画でも見ようかしらと今期アニメの「月が…

ふふふと笑って髪が揺れた

人に会うたび「ずいぶん髪の毛切ったね」と言われ続け、3週間ぐらい経過した。私からすればすでに切りたて時からだいぶ伸びており、髪の毛を切ったことは遠い過去になりつつある。 似合わないとは言われてないけれど、あえて言われないだけでこの髪型が似合…

「四日市公害と環境未来館」へ行って来ました

エドワード・ゴーリー展を見た後、同じ建物の中にある「四日市公害と環境未来館」へ行った。 http://www.city.yokkaichi.mie.jp/yokkaichikougai-kankyoumiraikan/ 「無料だし、せっかくだから一回り見てくるか!」という軽いノリで足を踏み入れたのだけど、…

『エドワード・ゴーリーの優雅な秘密』展へ行ってきました

現在、四日市市立博物館で開催されている『エドワード・ゴーリーの優雅な秘密』展へ行ってきた。 エドワード・ゴーリーといえば、残酷で不穏な絵本が多いイメージであり、実際そうなのだが、それぞれの絵を眺めていると表面では語られない奥深さがあるように…

変化を楽しむこと

ブログを書き始めてもうすぐ丸4年になる。書き始めた頃からベースは日記であり、たまに興味のあるものについて好き勝手に語るくらいなので特に気負いもせず淡々と続けている。4年が短いとも長いとも思わないし、私自身はあまり変わっていないように感じるけ…

ヤコウタケ、はじめました。

昨年に引き続き、今年もヤコウタケ栽培キットを購入しました。 今年は絵本作家のつつみあれいさんが描くキャラクター「ヤコウタケちゃん」の箱に入って届いたヤコウタケ。可愛くってテンションがあがりました。 (この箱はあとで貯金箱になります) 昨年はは…

ちょうちょがひらひら飛んだから

ちょうちょが2匹ひらひら飛んでいるのに見惚れていたら、乗っていた自転車がフェンスに突っ込んで転んでしまった。 小学生の頃の話である。あまりのバツの悪さに、誰にも見られていないかあたりを見渡してみると、自転車に乗ったおばさんが不思議そうな目を…

ファッジが甘くて泣けてくる

桜の花が満開になったとたん降りだした雨は花見客を蹴散らそうと企んでいるのかと思うほど、まだ止む気配を見せない。 私の運気が上がったり下がったりするのと連動するように、空の様子も晴れたり雨降りだったりしていて、「なんなの、私の心を読んでるの!…

『ペーパーボーイ』を読みました ~YAらしい清々しい気分になりました

『ペーパーボーイ』を読んだ。 読もう!と思いながら、後回しにして忘れかけた頃、日本翻訳大賞の最終選考対象作の中に「ペーパーボーイ」をみつけて、思い出したのだ。 1959年,メンフィス.ぼくは夏休みのあいだ,友達のラットに代わって新聞配達を引き受…

レモンスカッシュ

仕事をしている人の手に惹かれるようになったのはいつ頃からか考えてみたのだけど、おそらく国鉄時代の駅員さんがハサミを器用に操り、硬い切符を次々にパチンパチンと切っていた時のような気がする。 母が東京へ買い物へ行くとき、私も度々連れて行ってもら…

べりーしょーとのメガネザル。

髪の毛を切った。 美容師のお兄さんが「へいへい、今日はこんな感じでどうですの?」と雑誌片手にやってきたので「へいへい、では、そんな感じでおまかせですぜ!!」と答えたら、だいぶすっきり短くなった。こんなに短くしたのは数十年ぶりかも知れない。 …