読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

キミは良い子☆

f:id:bambi_eco1020:20141215222556j:plain
 

12月は何だか心がワッサワッサしますよね。

だってだって、「クリスマスだーっ♪」と人を浮かれさせておきながら、「はい、年賀状!」「はい、大掃除!」「はい、 今年の反省!」「はい、2学期の成績表!」なんてどんどどーんと私の手の上に積まれちゃうんですからね。それだけでふぇぇぇ…と力無く鳴いちゃいますよね。羊のごとく鳴きますよね。来年の干支が羊なので、今ちょっとだけ上手いこと言いましたよね。
え?上手くない?……あなたの目は節穴ですかーっ!
 
ええ、今日はどうでも良いことを書いていきましょうの日なんでどんどこ進めますけど、年末に大掃除はダルいので、少しは進めちゃうんだもんねーあたし!とばかりに先日キッチンの掃除を敢行したんですね。いつもは使わない洗剤とか出しちゃたりしたもんだから、頭が空っぽの私はあっという間に調子に乗りまして最初にゴム手袋をするのを忘れたんですよ。よくあるピンクのゴム手袋ですよ。で、途中でそのことに気づきまして慌ててゴム手袋…あのよくあるピンクのやつにグイグイと手を入れまして掃除を続行したんです。
その晩、なんだか手がムズムズするなと違和感を感じました。「あれ…むずむず脚症候群かな?いやいや、ムズムズするのは手だってば!」と自分で訳のわからんツッコミを入れながらもどんどん増してくる手の痒みにイヤな予感しかなく、ぞぞっと震えながらハンドクリームを塗りたくって布団をかぶりました。こんな時は声を揃えて「現実逃避!」ですよね。これが一番良い。
けれど、まあ、そんな頭皮…間違えた、逃避なんてしとる場合ではなかったですわ。
だってね、現在、私の左手(利き手)は、親指を除いてすべて「あかぎれ」でちょー痛いの!切れて切れて、関節動かす度に痛いのです!だから出来るだけ関節を曲げないようにしながらスローライフで過ごしています。バカヤロー。やっちまったよ、おとうさん。
関節の動きを例えるならば体が硬く、前屈で+20cmの人ぐらいの動きしかしておりません。何をするにも不便です。
一応、その旨を子ども達にも伝えようと思った私。
「ほら、見て。手がこんなに切れちゃったからさ、家事もなかなかスムーズにいかなくてさ…」
そんな私の言葉を聞きながら、私の手を眺めた息子は
「あっ!お母さん、手切れだ。手切れ金だっ!」
と大声で言い放ちました。
いやさ、手切れだけど、手切れなんだど、手切れ金ちゃうやないの。どっから金が出てきたのだ?カネゴンか?そうなのか?そしてキミは何処でその言葉を覚えたの?えっ、ドラマ?そんなセリフがあるドラマってドロドロちゃうん?泥んこ祭りか。そうかー。
 
こんなどうでも良い事が頭をグルグルしている中、「お母さん、僕がお風呂洗ってあげるよ!」と言った息子の一言で私の脳はピッカーン☆と覚醒しました。
 
ありがとう。
なんやかんや良い子ではないですか、キミ☆
 
こんな私にいじられまくりの日々を送っているにも関わらず、スクスクと育ってくれる息子になんだかじーんとなり、一筋の涙が流れたので左手でぐいぐいと拭ったのであります。
……しみるやないかーいっ!
 
ちょー痛い!
 
もうあかんからはよ、寝ましょう。
ザ・現実逃避!