読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

年賀状、はじめました

f:id:bambi_eco1020:20151220212349j:image

すでに、年賀状の投函が開始されている今日この頃ですが、わたくし、やっとこ年賀状、はじめました。

今回は昨年より手抜きにはなりますが、それでも手作りでやっていくつもりです。

手作りっていうのは、プリンタのお世話にならないってことであり、ハガキから漉いたりするわけではないって、一応断っておきます。

色を塗ったり、マスキングテープを貼ったりするのはけっこう楽しい作業であり、私にはこのやり方があっているようです。

 

私が小学生の頃は、クラスの連絡網があって、そこに電話番号と住所が書いてあったため、友達同士で年賀状のやりとりを楽しんだものですが、今は小学校にも中学校にも連絡網がないので、直に住所を聞かない限り、クラスの子へ年賀状を出すことが出来ません。

おそらく全員の住所がわかっても、誰に出して誰には出さなかった~みたいなのが、問題となり禁止!って言われる可能性もありえそうな気がします。

娘は保育園へ通っていた頃は、覚えたての字と絵を楽しそうに紙に書き、お友達と手紙の交換をしていましたが、小学校はお手紙の交換が禁止のためまったく書かなくなってしまいました。先日、片づけをしている際、可愛いレターセットがいくつもあったので「誰かにお手紙書かないの?」と娘に聞いてみたところ、「お手紙の交換が禁止だから書く相手がいないよ」って言われました。

遠くにいる誰かへ、切手を貼って手紙を出すことも楽しいけれど、まだ遠くにいる誰かが私の実家ぐらいしかない娘。年齢を重ねるにつれ、離れたあの人や旅先で知りあった誰かと手紙のやりとりをすることがあるかも知れません。そのときに、また、便箋に綴る楽しさを思い出してくれたらいいなぁって思っています。

とりあえずは実家に出す年賀状を娘と息子の字で埋めてもらうことにします!

 

もしも、年賀状が欲しいなって方がいたら、ご連絡下さい。

出しますよ!出しちゃいますよ!

手紙を受け取る喜びってのも良いものですから☆

 

画像は今年、私宛に届いた年賀状の中で、いちばん好きな年賀状です。

これをもらうと、文字だけの年賀状も良いなって思うんですけど、なかなか真似できそうにないなぁ。

この年賀状をくれた方に私から褒美を与えますので、連絡してきて下さい。

というか、この年賀状の送り主は音信不通なんですけど、生きてますか?

生きていたらもうそれで良いです。

そこで、口をぱくぱくさせてなんとか生きていて下さい☆