読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

2016.1.9 ~ちょいダル駅伝

ニッキ

正月休みも終わり、平常運転に入ったとたん、のどの上と下がくっついちゃうような感覚を味わい、「あ、これ、のどがやばいんとちゃう?乾燥してるんちゃう?放っておくと悪化するやつじゃないのやろか?」てな不安に襲われた私は、しばらく早めの就寝を心がけておりました。

そのおかげか、のどの乾いた感覚はだいぶ減ってきたんですけど、あいつはそのあと退散せずに私の鼻の方へ攻め込んできました。鼻は詰まってはいないんですけど、鼻炎になっているようで、通常の私の鼻によるにおいセンサーを100とした場合、現在のにおいセンサーは30ぐらいになっており、対象物にかなり近づかないとにおいがよくわからん状態になっております。もしも街中で様々なものをくんくん嗅いでいる怪しい人がいたら私かも知れませんので、静かに見守っていて下さい。

そんで、その鼻の状態に嫌々ながらも、少しだけ適応してきた現在、次に生理痛の重いやつがやってきてうへーあはーってなってるのですよ。なんじゃこれ。

この寝込むほどじゃないけど、ちょいと体調がダルい「ちょいダル」はなぜこのように次から次の場所へタスキを渡して歩くんでしょうか。新年早々、何をしてくれとんねん。私の体で断りもなく駅伝してほしくないわー。

「あ、ここは最大の難関、えこの口蓋垂越えです!口蓋垂、通称、のどちんこをちょいダルが苦しそうに越えていきます!おっと、その先には第2走者のちょいダルルがウォーミングアップをして待ち構えております!口蓋垂越えを果たしたちょいダルは足がおぼつかない!タスキを渡せるのか!どうなのか!おおっと!タスキがちょいダルルへ渡った!さすがのどちんこ越えの神!!区間新記録です!ここからはちょいダルルが鼻腔へつながる山登りのコースへ向かっていきますっっ!」

みたいなの、勝手にやってたんだわー。

そんなに大きな大会になるならコースである私の許可を取ってからにして欲しかったわー、ぷんすこ!

てか、生理痛は場所がワープしてるんだけど、トンネルにでも入ったのかな?そんなコース、頼んでないっちゅうねん。主催者、出てきて説明しておくんなまし。「

「おおっと、ここで、ショートカットコース!!」とか言って、さっさとゴールしてもらえるなら許してあげなくもないわよ。それぐらいのココロは持ち合わせてるわよ。

 

 

というわけで、皆様もこのような駅伝を勝手に開催されないように、体の隅々まで警備を怠らないで下さいね。

 

さあ、今日もはよ、寝るんだもん!もん!