読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

柔らかなヒカリ

思った 音楽

暗闇の中で光るものに目を奪われるのは至極当然のことだ。

ただ、それが美しさと映るか怖れを感じるかはまた別の話である。

ホタルは柔らかな光を放ち、優雅に飛びまわる様が美しいのだと思うが、もう随分長いことホタルを見ていない私はホタルの光がどうだったか今は思い出すことが出来ない。

だが、自然界で光を発する物は総じて美しいと思う。ホタルもクラゲもヒカリゴケもヤコウタケも美しいと思う。

光る理由は様々ではあるが、どれも柔らかな光を放っている気がするのだ。

冬の寒い日にイルミネーションを見て美しいと感じたことがある。暗闇との対比により輝きがより鮮明に見えるのが美しかった。けれど、目に入る光が時々眩しすぎて私はまばたきを何度も繰り返した。刺激が強すぎた。私が心地よいと感じる光よりももっともっと光が強かった。この光を美しいと感じるだけの許容がその時の私にはなかったのかも知れない。

光は妖しい。私は鬼火を見たことがないのだが、母は見たことがあると以前話してくれた。「怖いと言うよりも不思議だった」と話してくれた。怖いもの見たさで興味はあるけれど、出会いたいかと言えばそうでもない。

怖がりですもん。私。

 

 

 

私が持っているこのTシャツは背中に描かている恐竜が蓄光のため、暗闇で光る。

 

f:id:bambi_eco1020:20160622202327j:plain

BOOM BOOM SATELLITESが『UMBRA』を発売した頃のTシャツなのだが、ツアーで購入したのかフェスで購入したのか覚えていない。でも私の手元にあるのだから、どこかでライブを見て購入したのは間違いないはずだ。

闇の中で浮かび上がる恐竜は子供受けがとても良かった。保育園に勤めていた時のこと。お泊り保育で夕飯を作り終えた頃に「先生の背中の恐竜、光ってるーー!」と子供達が騒いでた。あまりにも反応が面白かったので、夜に子供と会う時はびっくりさせようと思い、度々着用していた。

だいぶくたびれてしまったけれど、まだ大事に持っていたはずとタンスから引っ張りだした。

 

 

そんな今日はBOOM BOOM SATELLITES、最後の作品の発売日だった。

 

 

 

BOOM BOOM SATELLITES 『LAY YOUR HANDS ON ME』Short Ver.

 

闇を吹き飛ばしたようなきらきらした光はとても柔らかい。

MVに出ている女の子は川島さんの娘さんなのだが、とても可愛らしい。

こんな笑顔を見た日には明日も笑えるって思えてくるよ。