読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

OGRE YOU ASSHOLE@NAGOYA CLUB QUATTRO 2017.1.21.

音楽

1月21日。

 OGRE YOU ASSHOLEのライブへ行った。

おそらく2年ぶりぐらい。

もうライブから1週間以上経ってるけど、記録まで。

 

拾ってきたセトリ。

 

01. はじまりの感じ
02. ハンドルを放す前に

03. なくした
04. ライフワーク
05. マスク
06. クラッカー
07. タニシ
08. 頭の体操
09. 寝つけない
10. かんたんな自由
11. フラッグ
12. 見えないルール
13. あの気分でもう一度
14. わけもなく
15. 移住計画
16. ロープ (long version)
17. もしあったなら

en1. ワイパー

http://ameblo.jp/ogre-you-asshole/entry-12201006648.html

 

『ハンドルを放す前に』リリースツアーだったので、もちろんこのアルバムを中心としたライブではあったのだけど、アレンジしてある曲が多くて音が鳴るたびに「おおっ!」と興奮した。この辺り、オウガのライブあるあるだと思う。彼らはアレンジをしてその場に馴染んだパフォーマンスを魅せてくれる。私がずっと「オウガはライブが良いんだ」と言い続けているのはそのためである。

 「居心地のいい悲惨な場所」とも形容している3部作アルバム、「homely」「100年後」「ペーパークラフト」の曲はほとんどやらず、それ以前の多くの曲と「ハンドルを放す前に」の融合はとっても面白かった。「あらあら、重たい曲の次はずいぶん明るい曲やん!」と思いつつも、なんだかしっくりきてしまう。体を揺らしてしまう。顔が笑ってしまう。

出戸くんはラストのMC以外「ありがとうございまーす」しか言わない。ムダを排除(ただ単にMC下手なのかもしれない)。

そのスタイルを私は好ましいと思っている。

私は音楽を聴きに来ていると実感できるのだ。

 

 OGRE YOU ASSHOLEのライブは機会があったら是非みてもらいたい。

私はずっと言い続けると思う。

OGRE YOU ASSHOLEの音楽には私をトリップさせてくれる何かが潜んでいて、私はそれをいつも楽しんでいる。

 

 

思ってた事との違いを

楽しんだほうがいいか

こうなるなら

握りしめた

ものもみんな 放そうか

いっそ全部

「ハンドルを放す前に」の歌詞のように、思ってた事と違うなら、思ってた事との違いを楽しめば良い。ずっと握りしめるんじゃなくて、いらないと思ったら放せば良い。

ただ、それだけのことだ。

 

あなたとわたしは違うから。考え方も違うから。

上手くいかないこともあるけれど、それもこれも楽しいじゃない?

 

 

ハンドルを放す前に

ハンドルを放す前に