読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

雰囲気美人な店員さん

コンビニに寄ったら、レジが外国人のお兄さんだった。肌はやや黒く、手つきはまだぎこちなさのある若いお兄さんで、名札を見たら外国人っぽい名前が書いてあった。

私の前に並んでいた方が思ったよりも会計に時間がかかったため、私は空いた隣のレジに移った。隣のレジにいたのも外国人のお兄さんで、先ほどの方と同様、肌はやや黒かった。なんとなく名札に目をやると「ササキ」と書かれており、一瞬「サ、ササキ?ササーキみたいな?」と必死に外国人っぽい名前を浮かべてみたけれど、普通に考えれば「佐々木」が一番近いだろうという答えに行き着き、先入観で名前をみるものではないと思った。

 

最近はあまり行かなくなったけれど、以前、たまに寄っていたコンビニに「ハナ」さんという名前の女性がいた。ハナさんは落ち着いた雰囲気を醸し出している30代ぐらいの方で、ものすごい笑顔を作るわけでもないが、不愛想なわけでもなく、淡々と、本当に淡々と業務を遂行される人だった。ハナさんのすごいところはどれだけ混雑していても焦ることがないことだ。もしかしたら内心は「どうしよう?こんなに並んじゃってるよ!」などと思ってはいるのかも知れないが、顔には一切慌ただしさも焦りも表れないのだ。どれだけ客が手間取ろうとも、いきなり難癖つけられようとも、ハナさんの顔色が変わるのを見たことはなかった。

 私はハナさんの絶妙な距離感が好きでハナさんがレジにいると密かに「アタリだ」と思っていた。ハナさんの落ち着きは朝の忙しい時間にバタバタしていた私をも落ち着かせてくれたからだ。

ハナさんの良さはハナさんに会わないと決してわかるまいと思う。雰囲気を言葉で伝えるのは難しい。どこかでハナさんを見かけたらきっと、私の言っていることを理解して頂けると思う。

ハナさんのような人はいわゆる「雰囲気美人」だと思う。雰囲気美人というと、「顔はそうでもないけど、雰囲気だけで可愛い扱いされる人」と取られてしまうことがあるのだが、雰囲気美人ってそういうことではないと思う。

秀でて顔立ちが整っていなかったとしても、その人がいるだけで華やかになったり、周りの人にひとかけらの温かさをわけてくれる人が雰囲気美人だと思う。

逆に雰囲気ブスはその人がいるだけで空気が不穏になるってことになるだろうけど、果たしてそんな人が存在するのかは怪しいところだ。私は会ったことがない。

 

とにかく、私はハナさんのような雰囲気美人に憧れる。直接的に何かをされなくても、関わることだけで優しい気持ちになれるなら雰囲気美人はかっこよくて素晴らしい。

まあ、そのような人でも頭にきたりすることはあるだろうけど、その時はその時。「実に人間らしくていいじゃない!!」と思うことにする。