バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

一緒に本屋へ行きましょう

1月31日。

渋谷の東急本館が閉店とテレビで放送されている同日に、名古屋の七五書店も閉店した。

私がはじめて七五書店を知ったのは、友人からだっただろうか。それとも本屋図鑑だろうか。どちらかは定かではないが、育児で慌ただしく、本もまともに読めない数年間があり、やっと本を読む時間が持てたあの頃だと思われる。本を読むことが再び楽しくなってくると、今度は本屋に興味を持つようになった。七五書店はそんなときにはじめて向かったと記憶している。海外文学の小冊子『BOOKMARK』を置いている本屋がこの辺りでは七五書店しかなかったのも訪れるきっかけとなった。

新瑞橋駅から緩やかな坂をのぼっていく。右側には大きなパチンコ屋、左には競技場の照明と川が見える。川には時折、鳥がいて優雅に遊んでいた。スプレーで落書きをされたシャッター、学習塾、焼肉屋、どれもこれも何処かにありそうな風景が続いたその先に静かな佇まいの七五書店が見えてくる。

店内に入ると落ち着いた空気の中に、ほんの少し背筋を伸ばしてしまうような空気が紛れ込んでいる。歩を進め、棚の前に立ち、棚と会話をする。七五書店の棚は私が手に取りたい本も多く、地元作家の本、短歌や詩歌なども充実していて、端から端までくまなく眺めては、手に取ることを繰り返す。大抵、3冊くらいは手に取ったまま、レジへ向かう。

多くを語らない店主にカバーをかけてもらうと、そのあいだは何もすることがないので、なんとなく店内を見渡す。やっぱり良い本屋だなぁと思う。購入者層を意識した本とほどほどの主張のバランスが絶妙なのだと思った。


f:id:bambi_eco1020:20230201220259j:image

1月は忙しく、足を運べない可能性もあったが、何とか時間を作って、七五書店へ。

この日は夏葉社の島田さんが一日店長をされていらっしゃった。エプロンがとても似合う島田さんが楽しそうに棚を整頓している姿が印象的だった。


f:id:bambi_eco1020:20230201210248j:image

ずっと買いそびれていた『レンブラントの帽子』を購入。島田さんにサインもしてもらった。本と購入した本屋の記憶は結びつくので、この本を七五書店で購入できて良かったと思った。

***

私が住んでいる街でも、長く営業していた料理屋が閉店し、近々、大きな結婚式場も閉店すると耳にした。街並みが変わっていくことに寂しさを感じつつ、私はどれだけ街と会話をしただろうかと考える。

閉店するときだけ寂しがるのはエゴに他ならないのではないだろうか。

 

なんとなくモヤモヤとした気持ちを抱えていた今日、Twitterを開いたら埼玉県行田市にある忍書房のツイートが目に飛び込んできた。

 

数年前、火事になり、店舗が焼失した忍書房が、また再生するようだ。火事の半年後ぐらいに伺った時は仮店舗で営業されており、「大変でしたね……。でもお元気そうで安心しました」とお声がけしたところ、「私にはこれしかないんで。本屋しかないと思っているんです」と店主はおっしゃった。

「これしかない」と思えるものはなんて強いのだろうとその時感じ、私自身もこれしかない、と思いながら進みたいと願ったのだった。

新たに忍書房がスタートしたときにはまた、店主に会いに行きたい。そして、いつものように夏葉社の本を1冊購入し、本の話をしたい。上林暁の話をたくさんしてくれ、私がきのこ柄のバッグを持っていたためか、「この棚はきのこや苔の本にしようかな」などと、楽しそうに語る姿を見ていたい。

 

そんな本屋にあなたと一緒に行きたいです。

 


宮内優里 / 読書 (feat. 星野源) - YouTube

 

『大門文芸市』に参加しました

公私とも多忙で毎日何をして過ごしているのかわからない日々。

1つずつこなそうと山を切り崩しても、新たな山がそこに現れいつまでも立っても山の向こうは見えない。山の向こうにはきっと、明るい世界があるのだと微かな希望を抱いて歩を進めているが、あの先に何もなかったらちょっと泣いてしまうかもしれない。

***

津市大門で行われた『大門文芸市』に参加しました。大門にあるニネンノハコに出入りしている人たちが「三重でも何か文学的な催しをやってみよう!」と企画していたので、夏が過ぎた頃に勢いで参加表明。

そこから先延ばしにしていたら、仕事がとんでもなく忙しくなり、全く用意が進まずに泣いたり頭を悩ませたりしながら、なんとかカタチにしました。

f:id:bambi_eco1020:20230130210509j:image

『私の父の話』

タイトル通り、私の父の話です。手に取って頂いたり、早速感想を頂いたり、なんだかとても嬉しかったです。

文章を読んでもらうことはこのブログで長く続けていますし、一箱古本市で折本を配ったりもしていますが、そこに金銭が関わるものは出していなかった気がします。時間がないながらも、小冊子にしたことでもう少し何かできそうな気がしました。

今回、一緒に参加していた仲良しのお知り合いの方々や、初めてお会いするのに親しみがあって嬉しくなっちゃった方々と、楽しく世間話や悩み相談ができて楽しい時間が過ごせました。

壁際に置いてあった丸椅子に座っていたら、隣に座っていた子が私の肩に頭を乗せていました。そのわずかな重みがとても心地良く、正直少し泣きそうでした。おそらくその程度の触れ合いさえもない毎日で、人の温もりを感じて心が揺れたのだと思います。

 

私に微笑んでくれてありがとう。


f:id:bambi_eco1020:20230130210600j:image

『私の父の話』を読みたい方っていらっしゃいますか?

しばらくは一箱古本市のときに販売するのも良いかなぁとは考えていたりします。

 

また、楽しいことしましょうね。

苦しくて何してるかわからないときも、一緒にいますからね。

 


冬にわかれて - snow snow (Official Audio) - YouTube

 

 

20230112 ~心の中は泣いてるの

イベント準備で仕事に追われ、やっと一息。

1日のうち半分の時間を仕事に費やしたのだが、残った12時間は何をしていたのだろう。6時間は睡眠、1時間は通勤時間、2時間は家事、あとの残り時間が本を読んだり、お風呂ってところかな。言葉通り、目が回りそうになったので、めまいの薬を一生懸命飲んでいた数日間だった。

***

2月に始まる『とほん』さんの栞展に今年も参加申込をした。今回で3回目の参加。目新しいものを作れば良いのかもしれないが、私は自分が作った切手の栞をとても気に入っているので今回も切手を使って製作する予定。

早速、栞を仕入れた。


f:id:bambi_eco1020:20230112142645j:image

童話モチーフの切手は眺めているだけでも楽しい。切手の世界観を生かしたもの色の組み合わせを考えて取りかかろう。

あと、1月末に三重県津市大門にあるニネンノハコで開催される『大門文芸市』にも参加予定なので、文章を書き始めた。

今年も自己表現の場には積極的に参加していきたいと思っている。

「私はココにいますよ。こんなこと思ってますよ」

自分から言葉にしないと誰の耳にも届かない。届かないことを嘆くくらいなら、手を変え品を変え、何度でも働きかけていきたい。

そういう私って、思っていても行動しない私よりよっぽど愛らしい気がするのだ。

***

Twitterで絵本『たびする木馬』の感想をツイートしたら、アリス館さんよりピンバッジが送られていた。当選おめでとう!わたし!


f:id:bambi_eco1020:20230112142657j:image

ラッピング含め、可愛すぎてうへうへと変な声が出た。

柔らかい風合いで色んなところにつけられそう。

***

大好きな100%ORANGEのWebSHOPでお買い物。

お目当てはHermèsの絵本『おさんぽステッチ』。

いわゆるブランド品に興味がなく、まったく持っていない私が初めて手にしたブランド品がHermèsの絵本ってなかなか良い選択だったと思う。

この絵本、グリーンの部分は布張りで高級感があり、内容もHermèsっぽくてかわいいし、ちょっとした仕掛けもあって満足度が高い。

プレゼントなどにしても喜ばれそうだと思った。


f:id:bambi_eco1020:20230112142723j:image

エルメスのえほん おさんぽステッチ (講談社の創作絵本)

 

***

最近観た映画。


f:id:bambi_eco1020:20230112142737j:image

本年1発目は『非常宣言』

飛行機でバイオテロが起きる話。怖いけれど面白かった。おすすめ。

 

直接的に内容には触れないが、思うことがあるので記しておく。

基本的には自分を一番可愛がって生きているつもりだが、私にはどうしても利他の心があるようだ。

自分がどれだけ忙しくても他者が悲鳴をあげていたら、仕事をどんどんもらってしまって、平気なふりして心の中で泣きながらこなすことを何度繰り返しているだろう。何の見返りもないのに繰り返される行動は「私だけが幸せであることは私が願う幸せではない」のだろうなと最近ようやく気がついた。

 

「自分を愛するようにあなたの隣人を愛せよ」

この言葉通りに生きられているのだとしたら、それもまたいいのだろう。

また、ぼちぼち生きていこうと思う。