バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

素顔

心がずっと痛くて呼吸が重いので、頑張らずに生きていようと思う。

だって、もう十分頑張ったと思うのだ。

日々、実働9時間くらい働いていて、家事をし、世話と言うほどではないけれど、子どもに声をかける。笑って生きて……もういいではないかと思う。

「見てる人は見てるから」

会社の同僚が要領よく動く(この場合、たいして仕事をしていないのに美味しいところを持っていくの意)人を見て言っていたけれど、そういうものでもないのは、それなりに生きているとわかる。

抱えこまないこと、荷物を減らすことを意識して身軽でいるのが近道だなぁと思う。

 

まあ、とりあえず。

動作を0.7速度くらいゆるやかにする。

農産物直売所に赤そら豆が売っていた。調理したことがないためググったところ、炊き込みごはんにすると良いと書かれていたので、早速作ってみた。


f:id:bambi_eco1020:20220522002727j:image

炊き上がり。赤飯のようにごはんがほんのり色づいた。
f:id:bambi_eco1020:20220522002804j:image

うん、これは美味しい。

f:id:bambi_eco1020:20220522001937j:image

赤そら豆の炊き込みごはん、棒々鶏、揚げ野菜のマリネ、スープ。

棒々鶏のたれも美味しく出来たので、自分が作った料理に満足する。チェーンのお店よりは美味しいはず!

 

私を満たすのは私。


f:id:bambi_eco1020:20220522003045j:image

ちびちび読んでいたインベカヲリ★『私の顔は誰も知らない』を読み終えた。写真家である著者が被写体の女の子から聞いた話をまとめたエッセイ。写真を撮られたがる子は精神的に不安定な、特別な子ではないと思う。

多くの女性(もちろん男性も)は擬態して生きている。人に気に入られたいというより、身の安全を確保するためにそうしている場合が多い。マジョリティはマイノリティに比べ、攻撃されることが少ないことも一因。

それから、これは私も経験しているし、ブログにも書いたことがあるが、勝手に私の像を作り、私が自由に動くと「イメージと違う。そんな人とは思わなかった」と言い放ち、以前との関係性より距離を置く男性の存在が私を擬態化させるきっかけを与えた。

なぜ、あなたの思い通りにならないといけないのだろう。

私が私であることは許されないのだろうか。

どんどん、素の私でいられる場所が狭められ、私がわからなくなることもあった。

せっかく私を出せる場が出来て安心したのに、消えてしまったこともある。

心を強く保とうと、ひとりでいられるくらいにはなっているけれど、それでもやはり、素の私を出せる相手が欲しいとずっと願っている。

許容してほしい。それだけ。

 

本の世界は、私がため息をついても泣いても怒っても許してくれる。

生活に制限はあるけれど、心はどこまでも自由でいたい。

 

 

 

 

 


ザ・なつやすみバンド「自転車」@東京の演奏2010 - YouTube

ねむっていたい

足の裏に意識を集中させ、地の上に立っている自分を感じる。

立っているということだけで幸せと思えた日を想像する。

それができるならもう、何もなくてもいいのではないかと思う。

何年も暗い水の中から浮上出来ないでいるような気がしている。光の射す方向へ泳ぎ、水面から顔を出そうとすると、カラスにつつかれ痛くて水の中にぶくぶくと沈んでいく。

私がひとり、頑張ろうとすると、何かしらやってくるようで、だんだん顔を出すのが怖くなってきた。

 

未だに私があたかも共犯と間違われるような行動をした人たちの情報が入ってくる。その内容が何気ないことでも、私はとても苦しくなる。こちらは疑問だらけでしんどいのに、のうのうと生きて……と思ってしまうこともあり、そんな自分も嫌になる。

私の心が荒んでいるのだろう。

ここ数年でおきた事柄はそれぞれ私に深い傷をつけていった。当初はわからなかったけれど、かすり傷ではなかったのだった。それが、顕著に感じられるのは痛みを伴う映像や舞台を観たときだ。以前はなかったけれど、ガタガタ震えたり、呼吸がおかしくなることがある。何かしらの楽しい光景や好きなものを思い浮かべ、お守りがわりにぶら下げている活版をぎゅっと握りしめてその場をやり過ごす。

かすり傷であれば、もっと軽やかに動けていると思うし、こんなに苦しくなることもなかっただろう。

 

少し前に受けた健康診断で再検査となったので、今日は朝からものすごい集中力で仕事をし、午後から病院へ行ってきた。検査をしてくださる方、看護師などが私の不安を取り除くように声をかけて下さったのだが、それだけで涙がこぼれてきそうだった。

私はしばらく優しいことばををかけてもらう機会がなかったのだと気がついた。

 

子ども達はもう、小さくはないけれど、それでもひとり親でどこまでできるのだろうという不安がいつもつきまとう。悩むことがあっても、子ども達を不安な気持ちにさせないようできるだけ笑って過ごす。

そうやって仮面をつけることにも慣れすぎたようで「えこさんはいつも楽しそうだ」と言われることが多い。

その言葉は、負のオーラを纏う私を隠せたという安心感と少しの寂しさを私にもたらす。

 

すこしねむっていたい。

ただ、柔らかい草の上に横たわっていたいだけなのだ。

 

 


八星 LUCA + haruka nakamura - YouTube

カモン カモン!

f:id:bambi_eco1020:20220509201823j:image

映画『カモン カモン』が観たくて、上映館を調べたら、近場で上映されていなかったので、名古屋までレッツゴー。

はじめてミッドランドスクエアシネマへ足を踏み入れた。場所がわかるかなと心配したが、名古屋まで同行していた息子(完全別行動)が、ミッドランドスクエアシネマまで地下街から連れて行ってくれた。公式に書かれたaccessをガン無視するうちの息子。

「これが最短だと思うから」

次にひとりで来られるようにしっかり覚えた。

ミッドランドスクエアシネマはドーナツセットをおしてる感じだったけれど、お腹が空いていなかったのでドリンクを購入し着席した。このドリンクがいつも悩ましい。なくても良いのだが、上映中に咳き込んでしまったことがあり、その記憶がずっとこびりついているため飲み物がないと怖いのだ。けれど、最近、トイレが近くてどうしたもんかと思っている。もはや醤油さしのようなものに水分を入れて、口にぴゅっと飛ばしたらどうだろうとか本気で考えるレベル。

私の咳って気管が弱いから連続しちゃうんだよなぁ……。良いアイデアがあれば教えて頂きたい。

さて「カモン カモン」だが、観に行って良かった。めちゃくちゃ良かった。

大筋はホアキン・フェニックス演じるラジオジャーナリストのジョニーが妹が留守にする数日間、9歳の甥、ジェシーの面倒を観る話なのだが、幾つも枝分かれした関係性が人間って大変だなと感じさせた。

ジョニーは子どもといういきものを知らず、ジェシーの理解不能な発言や行動に頭を悩ませる。ジェシーはただの扱いづらい子どもではない。彼にも彼なりの苦しみや思いがあって動いている。たかが9歳の子どもと思ってはいけない。人は人として生まれたときから個人として尊重されるべきものだと思う。

ジェシーの母親はいつもジェシーの行動に悩みながらも、向き合っていた。大人が悪ければちゃんと謝る。

大人だから謝らなくてもいいなんてあり得ない。大人でも子どもでも間違えていたら、謝って関係修復をすればいい。いたってシンプルだ。

ジェシーの父親は音楽家で心が乱れる時があるという。その父親との関わりと家族の関係性からも得るものがあった。

とにかくジェシー役のウディ・ノーマンが素晴らしい。かわいくて生意気ででも、線が細いところもあって、私が思い描く子どもであった。

 

人は誰でも未来への責任を持っている。

この言葉にガツンとやられた気がする。生きることに一生懸命で未来への希望が見いだせずにいたのだけど、私の未来しか見ていないのはよほど視野の狭いことだと思った。

「カモン カモン」

未来よ、やってこい。

私の、私達の未来は自分の力で手繰りよせるものだ。私の感情のコントロールを人に委ねないように、私の未来への舵も人には委ねない。

それくらいの強さは持っていようじゃないか。

カモンッ!

 


f:id:bambi_eco1020:20220509204354j:image

パンフレット、写真も内容も充実していて、こちらも素晴らしい!