バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

見渡す

やりたいことはたくさんあるのに、なかなか手が進んでいかない。

日常は映画、ドラマ、本、音楽のあいだにあって、なんだかふわふわしている。

f:id:bambi_eco1020:20220921142827j:image

ガトーショコラを作った。ガトーショコラはバレンタインの時期に作ることが多かったので、暑いときに作るのはなんだか新鮮だった。小麦粉を少ししか入れないのに膨らんでいくのがいつも不思議で、ついついオーブンをのぞきこむ。

時々、会社にもお菓子を持っていくのだが、お菓子作りはハードルが高く思われがちだ。難しく考えないで、ホットケーキミックスを使ったお菓子などから作ってみたらいいのに……とは思うけれど、おそらく相手はそんなアドバイスなど求めていないのだ。

f:id:bambi_eco1020:20220921142841j:image

先日、技能実習生の話題になり、ある人は技能実習生がいると、会社がとても大変だと話していた。具体的には、万引きをして社長が引き受けに行ったとか、モノがなくなるとか、そういった話だった。それを一緒に聞いていた女性は不安だと漏らした。

私はそれらが事実であったとしても、技能実習生の話として負の部分のみを情報として与えられることに違和感があった。どんな人でも得手不得手があるように、1つの側面を切り取り、過剰に不安を煽る行為は噂話だとしても、聞いていて気分が良いものではないし、犯罪行為をした技能実習生がいたとしても、皆がひとくくりとして表現されるのは少々荒すぎると思った。

その話には、話している人が感じていない人種差別がある。なぜなら、日本人で犯罪行為をする人がいても、日本人全員がそういう目で見られることなどないからだ。

キム・ジへ『差別はたいてい悪意のない人がする』という本があるが、このタイトルそのままのことが目の前で起きているのだと感じた日だった。

 

そんな私もきっと、悪意のない差別をしているひどい人間なのだと思う。

心に留め、周りを見渡しながら過ごしていくことにする。

 

 

 

練習


f:id:bambi_eco1020:20220914222501j:image

家庭や子どもの話になったとき、時折、昔の出来事を口にする。

「なぜ、こんなことをされたのだろう」

晴れぬ疑問がわたしの口から空気を伝い、音にする。

私のことばを私の耳で聞いているうちにさらに疑問が増し、感情的になりそうだったため、目を閉じ、すぅと息を吸って唇を閉じた。

話を聞いてくれた相手は首を傾げる。

「本当にそんな人もいるのね」

と。

その言葉はおそらく慰めであるのだけど、私はそこで心が痛める。もしかしたら、感情的になってしまい、現実以上の表現をしてしまっているのではないかと。

過剰な言葉、必要以上の言葉は意志疎通を妨げる。頭ではわかっていても、暴走する一瞬があり、感じとると存在を消したくなる。

 

いつまでたってもちっぽけな私を、自分で受け止めて優しくする練習。

他人よりも私を優先しても良いことを自分に言い聞かせる練習。

反復練習。

内から輝けるように。

私から一筋の光を放てるようになったとき、また、あなたとともに鳥を追いかけられるだろう。

 

 


船出 - YouTube

あいだ


f:id:bambi_eco1020:20220913224900j:image

特に書くことがないときに。

あんまり考えずに、なんとなく書き出してなんとなく終わっていく文章を後で読み返すのが好きだ。

ブログを始めたのは、絵本紹介や観た映画、読んだ本の感想などを書いたり、日々変化していく子どものことを書き留めたかったのが理由(あと、大好きなブログに感化されたのも大きい)だが、気がつけば、日常を綴ることの方が多くなっていた。

日常のことを書いても読んでくれる人がいて、その中に「同じものを見ているはずなのに、私とは見えている景色が違っている」とコメントしてくれる人がいた。

その言葉が今日に至るまで、とりとめもないブログを続けている理由なのだと思う。

n=1の、私の日常は誰とも異なり、私の思考も誰とも一緒ではない。

私には日常を書くことが合っていたのかもしれないと最近は思っている。

 

ある程度年齢を重ねると、どれだけ仲が良い相手でも、思考が一致することのない場面に遭遇する。そういった場面の中で、自己を主張するのは良いが、相手の言葉に耳を傾けることの出来ない(しない)人とは距離を置いた方が良いと感じている。

自分中心に世の中が回っているわけでもなく、かと言って、相手中心に回っているわけでもないので、「お互いがほどほどに気持ちよく過ごせる中間点を探る楽しさ」を感じられる人と仲良くしていたい。

 

 

暑さは少しずつ和らいできているが、それでもまだ蒸し暑い。

ただ、私と月のあいだにある空気は幾分か澄んでいるように感じた。

 

 

 


mabataki / Vaundy:MUSIC VIDEO - YouTube