バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

思いを言葉にする


f:id:bambi_eco1020:20211018213045j:image

土曜日。

津あけぼの座で下鴨車窓『透明な山羊』を観た。下鴨車窓を観るのは『漂着』に続いて2度目。

実は『漂着』はあまり好きなタイプではなかった。私が『漂着』を観たのは調べてみると6年前。私が三重県立文化センターで演劇を観始めたのは8年前ぐらいなので、おそらくあの頃のペースで考えると演劇を観始めて5、6回目くらいだと思われる。それまで観た舞台はどれもある程度は自分で消化でき、心が軽やかになっていくばかりだったので「演劇面白い!サイコー!」というお花畑にいるような心地で観劇していた。そんな私にとって『漂着』は、なんだかある意味刺激的であり、難解であり、演劇の話をする相手がいなかった私にはモヤついた思いだけを残す作品となってしまっていた。

あれから数年。

ここにきて、「1度しか観ていない下鴨車窓に苦手意識を持ってはいかん!と思い、今回は『透明な山羊』を観劇した次第である。

さて、では『透明な山羊』はどうだったのかと言うと、ペラっとした感想で言えば面白かった。この「面白い」はお花畑にいるような心地で感じる「面白い」ではない。『漂着』を観てから色んな舞台を観て、人と話し、さまざまな角度から1つのモノを観る楽しみを知った。それらがあっての「面白い」だったように思う。

翌日、ニネンノハコで行われた「勝手にアフタートーク」に参加し、下鴨車窓『透明な山羊』についてたくさんの思いを話した。

スタートは気心の知れた演劇を愛する方々と話をしたため、ヒートアップしすぎて言葉が乱れ、周りをビクつかせていたけれど、それも含めて『透明な山羊』は面白かったと言えるのではないか。

答えのない物事を「私ではない誰か」はどんなふうに感じているのか。それが新しい視点であるほど、より深みを増し、投げかけられた疑問に皆で頭を悩ませることもまた楽しい。

人の生み出した作品にあーだこーだ話す相手がいることの楽しさを、私は手に入れることが出来ているのだと、実は静かに喜んでいた。

楽しい場を設けて下さり、ありがとうございます。

 

***

ここ数年、自由についてよく考えている。行動の制限から解放される自由もあれば、閉ざしていた心をオープンにする自由もある。

私は長く好きなものを語ることが怖くて仕方なかったのだが、受け入れてくれる相手ができたため、最近は虫が好きだとかきのこが好きだとか何でも勝手に話している。


f:id:bambi_eco1020:20211018213055j:image

私は誰かの「好き」な話を聞くのは大好きなので、今度お話しましょう。

何処かですれ違ったら声をかけて下さいね。

とりあえず、猫をかぶって静かに聞きます!

わたし、すぐうるさくなるので!!

 

傘のむこう

意識せずとも鼻腔を刺激していた金木犀の香りはいつの間にか何処かへ消えていった。

半袖を着ればいいのか、それとも長袖にするか、悩んでしまうような気候は私の移ろいやすく、ぐらぐらしている心のようだと思う。

手を伸ばしても届かないものへ思いを馳せ、これではいけないと手を引っ込める。

それでもやっぱり欲しくて欲しくて恐る恐る手を前へ伸ばす。

「もう、だれか私の手を引っ張ってくれないだろうか」

期待しながら静かに絶望する。

 

1年前の出来事が遠い昔のことのように感じる。それなのに2年前のことは昨日毛布でくるまれていた気持ち良さのようにいつでも思い出せる。棘のあるものは排除し、柔らかいもので心を満たそうとする私の防御反応。

現実を直視していないと言われればそれまでだが、現実を受け止めながら防御するのは生きる術なのではないだろうか。

 

先日、寺尾紗穂さんが下さったメールに寄せ植えのお花中心の生活をしていると書かれていた。誰もがこの世の中の閉塞感から身を守るために生きる術を探してる気がする。

「こんな時だから!」と明るく振る舞うあのひとの心のうちなど誰も知らない。声を発することもなく、静かに耐えているあのひとの心のうちなど誰も知らない。

私に見えている誰かの姿はそのひとを形成する何パーセントなのかと目を凝らし、首を傾げている。

私の不安はきっと尽きない。

だからできることをやっていくだけ。

 


f:id:bambi_eco1020:20211014213830j:image

ルイーズ・グリュック『野生のアイリス』を読んでいる。気が向いたときにぱらぱらめくり、目に留まった詩を読む。

それだけでもう何もかも良いような気がする。

 

 


傘の向こう - YouTube

傘のむこう

あなたに会いに行こう

 

 

 

 

意思の表明


f:id:bambi_eco1020:20211006224356j:image

伏見ミリオン座で『コレクティブ 国家の嘘』を観た。

映画「コレクティブ 国家の嘘」公式サイト|10月2日(土)ロードショー (transformer.co.jp)

 

2015年10月、ルーマニアブカレストのクラブ“コレクティブ”でライブ中に火災が発生。27名の死者と180名の負傷者を出す大惨事となったが、一命を取り留めたはずの入院患者が複数の病院で次々に死亡、最終的には死者数が64名まで膨れ上がってしまう。カメラは事件を不審に思い調査を始めたスポーツ紙「ガゼタ・スポルトゥリロル」の編集長を追い始めるが、彼は内部告発者からの情報提供により衝撃の事実に行き着く。その事件の背景には、莫大な利益を手にする製薬会社と、彼らと黒いつながりを持った病院経営者、そして政府関係者との巨大な癒着が隠されていた。真実に近づくたび、増していく命の危険。それでも記者たちは真相を暴こうと進み続ける。一方、報道を目にした市民たちの怒りは頂点に達し、内閣はついに辞職へと追いやられ、正義感あふれる保健省大臣が誕生する。彼は、腐敗にまみれたシステムを変えようと奮闘するが…。

 

あらすじにも書かれているように、この映画はルーマニアのクラブで起こった火災の負傷者のうち、ルーマニア国内の病院へ搬送された多くの人が次々に不審な死を遂げたことか始まる。原因は消毒液が数倍に薄められていたことによる感染症だった。スポーツ紙の編集者は製薬会社、病院経営者、政府関係者による癒着を暴いていく。

私が表現をする言葉をあまり持ち合わせていなくて申し訳ないのだが、端的に言って「すごいドキュメンタリー映画」だった。

 

感想を上手く書くことはできないが、自分のメモ程度にここに記しておく。

まず、癒着を暴こうと動くスポーツ紙の記者、トロンタンの行動力と自分の仕事に誇りを持って突き進む姿が印象的だった。今まで表向きは平和なように映っていた世の中にメスを入れることは記者としての誇りがなければ難しいことだろう。

日本の政治家のようにのらりくらりと本質をつかぬ言葉を繰り返す国に対し、単刀直入に質問を繰り返す姿は爽快であった。

次に病院を内部告発した麻酔科医、ロイウ。人為的な理由で人が死んでいく病院は麻酔科医として堪えたことだろう。経営者の不正よりも、救えなかった命がロイウを動かしたのかもしれないが、それでも行動することに勇気は必要であり、彼女の内部告発がなければトロンタンが動けなかったわけだから、重要人物といえる。

そして保険相、ヴォイクレスク。前任者が辞任に追い込まれたあと、保険相に就任。最初は頼りなさが目立ったが、自分が大臣として何をすべきか真摯に向き合う姿に応援したくなった。

 

先月、映画『パンケーキを毒見する』を観た。

映画『パンケーキを毒見する』| 大ヒット公開中 (pancake-movie.com)

国民を代表するような方々がなんて眠たいやり取りを繰り返すのだろうと思いながら、映画を観ていた。皆、最初は志が高かったのかもしれないが、欲と権力に目が眩むとここまで醜くなるのだなと思った。

 

ルーマニア投票率が低いと思われる日本よりもさらに投票率が低く、30%程度だ。

優秀な人材は隣国へ流出していくため、ルーマニアの立て直しがなかなかできない現状だと見受けられた。

こういった映画を観ると、トロンタンのような正義感溢れる記者やヴォイクレスクのような誠実は大臣を自国にも望む気持ちが出てきてしまうが、それだけで終わると救世主待ちでしかなく、危うさしかない。

平民である私ができることは何か。

確かに大きなことはできないかもしれない。

ただ、自分の意思を表明することはできる。それが選挙であると思っている。

「そんな1票なんてなにも変わらないよ」と言われればそうなのかもしれない。

「それが集まれば大きな声になるよ」と言われればそうなのかもしれない。

けれど、私が思うのはまずは国民の1人1人が当事者であることの自覚だと思う。

目先の損得だけで判断せず、この国に住んでいる人々がより良い暮らしができる社会にするために、ささやかながら私は自分の意思を表明していくつもりだ。

 

『コレクティブ 国家の嘘』おススメです。

機会があったら是非。