バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

『ひびうた』と『本の会』のはなし

昨夜、津市久居にある「ひびうた」で行われたトークイベントへ行ってきた。

トークは京都の古本屋、善行堂さんと『のどがかわいた』の著者、大阿久佳乃さんだったのだが、話の展開が面白く、最後まで笑いっぱなしだった。善行さんの見事な回しにより、脱線してももどってくる素敵な展開、大阿久さんのニコニコしながら善行さんにツッこんだりするところも仲の良さがうかがえ、顔がほころんだ。

 

トークの内容もさることながら、このトークイベントが「ひびうた」で行われたことが感慨深かった。同じ思いを抱いたひとはおそらく私だけではないはずだ。

 

日々、「居場所」として存在している『ひびうた』はこの日、新たにブックハウスひびうたをオープンした。常に進化していくひびうたの流れの早さに、以前、代表である大東さん(いつもみみちゃんと呼んでいるので、以下みみちゃんで)に尋ねたことがある。

「新しいことにチャレンジし続けるモチベーションってなんですか?」

みみちゃんはのんびりと「いやね、やりたいってひとがいるからやるだけなんです。流れに任せていたらそうなったんです」と答えてくれた。

居場所を求めてひびうたへ足を運んだ人達がそこで何かをやりたいと発したら、出来る方法を考え、実行する。言葉にすると簡単だけど、行動することは勇気も根気もいるし、やはりみみちゃんって何者?と思わずにはいられなかった。(普段のみみちゃんは話すと面白いひとです。昨日は「ちくすけ」というワードで盛り上がりました。なんのこっちゃ!)

そんなみみちゃんがいて、面白いスタッフの方々もいるひびうたの空気は一歩足を踏み入れて下さればわかって頂けると思う。

とても居心地が良く、辛かった私を支えてくれた場所なのだ。

 

ひびうたが私を支えてくれた場所であることを語ると、もうひとつ、触れなければならないことがある。この、ひびうたで毎月行われている『本の会』だ。

『本の会』は、現在、友人のソントンさんが主催をされているのだが、元々は津市にあった『ツァラトゥストラはカク語リキ』で始まったものだ。当時、ソントンさんがツァラの「本の会」に参加していて、面白かった話や興味深い話をしてくれたので、私も行ってみたいと思っていた。けれど、私は行動の自由があまりきかない状態だったため、その楽しい話を聞くことでどれだけ愉快な人たちが集まっているのか想像することで楽しんでいた。(私が現在「本の会」でお話している方の中にはお会いするよりも先にイメージしてしまった方もいます。それくらい行きたかったのです!)

結局、ツァラさんが閉店するまでに『本の会』に参加することができなかったことは、今でもとても悔やまれる。

そして、その後、場所をひびうたへ移した「本の会」にようやく参加することができたのだ。実際に参加して想像と違いがあったかと問われるならば、正直わからない。

ただ、新しい発見のある、楽しい場所であることが手に取るようにわかり、はじめて参加した日の夜は興奮してなかなか寝つけなかったことを覚えている。

己だけで消化することに慣れていた事も、言葉として発すると、何かしら反応してくれるのが嬉しかった。ただの自分語りも本がともにいてくれるなら怖くなかった。

 

「本の会」や「ひびうた」がそこにあったから救われたと思うひとは多いのではないだろうか。

おそらく、みみちゃんもソントンさんも「流れに乗っかっただけ」と飄々と答えるだろう。だけど私は「そのようなあなた達だから、この空間が保てているのだ」と言いたいのだ。

 

ときの流れに乗れず、溺れそうになっているときに欲しいのは、正しい言葉ではないと私は思っている。ただ、飄々とそこを流れているひとの服の裾をちょこっと掴むくらいがほど良かったのだ。

 

きっと、これだけふたりを褒めれば、後でこっそりチョコレイトくらい握らせてくれるだろうと期待してこの文章を書いている。

結局、人はもらえるモノに弱い。(昨夜のプレゼント会で出た言葉)

 

人と人はすれ違うもので、きっかけやタイミングによって話す機会が与えられると思っている。

私と同じ空間に居合わせたひとは残念ながらえこさんとタイミングがあっちゃった!やべー!と感じて下さればそれで良い。

けどまあ、それならば、せっかくだから、私と話をしてみませんか?

 

 

「音」と「光」

ベランダに出て洗濯物を干していたとき、用水路から水音が聞こえてきた。田んぼに水が引かれると、用水路がにぎやかになる。

今の住まいに越してきて、その規則的な音に何度救われただろうか。

人によっては煩く感じるその音は、私がどれだけ不安を抱えて泣いたとしても、時が流れていくことを教えてくれたのだった。

 

今年に入ってから、新体制となった会社で自分がすべきことを模索してきた。経験が長いことで、私がやらなければと気負い、抱えるものが多くなってしまった。今月に入ってから、私がしている仕事の多さに気がつかれた方がいた。

「そんなに抱えなくても大丈夫よ。一緒にやるからね」

今日はそんなことを言ってくれて、泣かせにきているのかと思った。

今年に入って7㎏体重が減ったけれど、それより心が軽くなった気がした。

 

私はずっと誰かにことばをかけてほしかったのかもしれない。

 

***

家の近くにあった喫茶店が閉店してから半年ぐらい経ったのだが、最近、そこの駐車場でわりと派手めなキッチンカーを見かけるようになった。お店が始まるのは夕方で、娘を塾へ送って行く際、暗闇の中でピカッと光るキッチンカーはなんだか異国を思わせた。陽気そうな女性が行き交う車にぶんぶん手を振っている。

 

田舎にぽっかり外国がやってきた、不思議でユーモラスな雰囲気がたまらなくて、なんとなく楽しくて、なんとなく泣きそうになった。

 

 

 

 


君島大空「向こう髪」Official Music Video - YouTube

20210419


f:id:bambi_eco1020:20210419221233j:image

「お気に入りの詩を紹介し合おう」という宿題が出た娘。

本棚から好きな本を引っ張り出していいよーと伝えると、何冊かを手に取り、ぱらぱらめくっていた。

家に歌集や詩集があるのはなんとなく良いと思う。本当になんとなくだけど。

たくさんの文章を読めないときに開くもよし、装丁の美しさに目を奪われるもよし。

娘は結局、谷川俊太郎詩集(この詩集はブログの「ほしいものりすと」から頂いたものです。何処かの誰かさん、ありがとう。大事にしてます)から『私たちの星』を選んだ。

 

先日、夜に車を運転しているときに、黄色点滅の信号があった。雨が降ったあとの真っ黒い空に黄色い点滅が眩しく「こういうのってなんかエモいとか言うのかなぁ」と後部座席にいた娘に話しかけると、「私はエモいがわからない!」と返ってきた。

「私はノスタルジックなら好き。あと、スチームパンクは大好物」

そう話す娘にふーんと思いながら、近い感覚のひとと通じ合うのも良いけれど、感受性の違いを楽しむのも悪くないと感じた。

 

黒い空にピカピカ点滅する黄色い光。

あなたはなにを思いますか?

 

 

 

自選 谷川俊太郎詩集 (岩波文庫)

自選 谷川俊太郎詩集 (岩波文庫)