バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

『ひびうた』と『本の会』のはなし

昨夜、津市久居にある「ひびうた」で行われたトークイベントへ行ってきた。 トークは京都の古本屋、善行堂さんと『のどがかわいた』の著者、大阿久佳乃さんだったのだが、話の展開が面白く、最後まで笑いっぱなしだった。善行さんの見事な回しにより、脱線し…

「音」と「光」

ベランダに出て洗濯物を干していたとき、用水路から水音が聞こえてきた。田んぼに水が引かれると、用水路がにぎやかになる。 今の住まいに越してきて、その規則的な音に何度救われただろうか。 人によっては煩く感じるその音は、私がどれだけ不安を抱えて泣…

20210419

「お気に入りの詩を紹介し合おう」という宿題が出た娘。 本棚から好きな本を引っ張り出していいよーと伝えると、何冊かを手に取り、ぱらぱらめくっていた。 家に歌集や詩集があるのはなんとなく良いと思う。本当になんとなくだけど。 たくさんの文章を読めな…

20210417

雨降りの土曜日。 土曜日に朝から映画を観に行かなかったのは久しぶりのことだ。 ここ数ヶ月、毎週映画を観ていたのは、観たかった映画が次々に公開されたという当たり前の理由もあるけれど、平日の仕事で頭を使いすぎた分、少し気を抜いた時間を過ごしたか…

20210415

人にモノを頼むのがとても苦手だ。 「もしかしたらとても忙しいかも」などと考えてしまい、そんなことを考えてしまうくらいなら自分でやってしまえ!って結論に至る。 人の顔色を伺っているというより、わちゃわちゃ考えてしまう自分が嫌なのだ。もっと気楽…

『わるいきもちの芽』

朝、ぎこちない動作で自転車にまたがる中学生を見かけた。入学して間もないと思われるその子が自転車にくくりつけた、学校指定のバッグがずり落ちないことを願った。毎年、荷紐がほどけ、バッグを落とす子みかけるのだ。ファスナーが開き、教科書を歩道に散…

20210412

ひたすらメール応対をしていたら、1日が終わっていた。 夕方。18時を回っても外が闇に包まれていないことにふと気がつく。年が明けてからずっと仕事中は気を張っていて、緩めかたがわからないでいる。生きるのが相変わらず下手っぴだなって思う。 ベランダに…

「ささやか」

毎日必死に生きている。 力を抜こうとするのだけれど、やり方がわからなくなっているようだ。とりあえず、楽しいことをしなければ!と、毎週映画を観ている。行くのは決まって朝の早い回。映画を観終えて帰っても、子どもたちと過ごす時間が持てるから。 子…

20200308

忙しさを言い訳にして。 言葉を紡いでいなかった。 平日はずっと仕事のことを考えている。もう少しラクになるかと思ったが、人は伝えやすい(長くいるからピンと来るのが早いだけ)者に、何でも頼んでくるのだなと思う。許容を超えると判断し、断ると不機嫌に…

『寝』

昨日、ドーナツを作った。ホットケーキミックスで作るような簡単なドーナツは作ったことがあったけれど、強力粉と薄力粉を混ぜて作ったのははじめてだ。 オールドファッションのようなザクザクした食感のドーナツが作りたかったので、チャレンジしてみたのだ…

20210206

朝。 車の定期点検でディーラーへ行った。私がお世話になっているディーラーは、とても感じが良く、点検へ行くことが苦にならない。いつもカフェへ行くような気分で本を携えて出かける。ホットコーヒーを入れてもらい、読書の時間を楽しんだ。時折、窓の向こ…

風花

「今朝、風花が舞ってましたね」 話した相手が風花を知らず、ほんの少しさびしくなった。 「かざはな」という響きが好きで、風花が舞っている日はつい、言葉にしたくなる。車を運転しているとき、ちらちらと風花が舞っているとすぐに視線を山に向ける。山の…

「とほん」で開催される栞展に参加します。

2月5日~3月3日まで、奈良県大和郡山市にある「とほん」さんで栞展が開催されます。 https://www.to-hon.com/ 今回の栞展に一箱古本の時と同じ屋号「夕寝」で参加することにしました。 昨年の今頃、栞展の様子を眺め、参加したいと思いました。 ブログを読ん…

20210130

久しぶりに農産物直売所へ行った。寒いせいか、思ったより空いていてスムーズに買い物できた。 野菜の他にヒペリカムを買った。 ヒペリカムは形と色が好みなので、時々購入している。柔らかい色が部屋に彩りを与えるのに、主張しすぎないところがたまらない…

20210129

急に忙しく動き出したせいか、体が黄色信号を出しまくっている。 昨夜は数ヶ月おさまってた回転性のめまいを感じ、びくびくしながら眠りについた。朝、まっすぐに立てたとき、心底ホッとした。頼れるひとがいないと、めまいだけでびくびくする。病院へどうや…

20210125

やじろべえのように、バランスを取りながら歩いている。 右に傾きそうになったら左に。 左に傾きそうになったら右に。 手放して軽くなった思いと、手放せず胸にぎゅっと閉じこめた思いは、いつも、そうやってどうにか私のからだを支えている。 どちらも大切…

20210122

息をつく暇もない、毎日を送っている。 お昼ごはんを食べそこねる日が続いたら、お昼にお腹が空かなくなってしまった。 もう少しリズムのある生活ができるようにしたい。 私の周りで起こった事件は、回復しようとしている私の心を痛めつけた。一時期、私まで…

20210114

今月から仕事復帰した。 あまり無理をしない程度に、時短で仕事をすることになり、3日ぐらいそれは実行された。 だが、場の状態があまりよろしくなく、現状は毎日残業しているため「時短って幻だったのかもしれない」と思い始めている。 ある程度は予想でき…

20201225

息子はバイト、娘はこんな日にかぎって体調不良で寝ている。 浮き足立つようなこともできぬまま、日常を歩く。 今日はクリニックへ行ったのだが、診察が終わったとき「良いお年を」と医師に言われた。形式的な挨拶もにこやかな笑顔を向けられると嬉しいもの…

京都へ行った日記。「博物館の夜」

京都へ行った。目的は寺尾紗穂さんと七尾旅人さんのライブだ。ライブは夕方なので、その時間まで街を歩いた。「街を歩いた」の言葉どおり、私は京都駅から地下鉄もバスも使わずにひたすら歩いた。まずは鴨川に向かって。 鴨川には鴨、鷺、雀、烏、鳩など、さ…

2020年に購入した絵本をまとめました

いつの間にか、来年がちらっと見えるような年の瀬になりました。 今年は新型ウイルスの影響で家にいる時間が増え、本を読まれた方も多かったのではないでしょうか。 私も例年より本を読んだのですが、絵本に限ってはなかなか本屋さんへ足を運べなかったため…

20201213

奈良県立美術館で開催されている『ブラチスラバ世界絵本原画展』へ行った。 このご時世、行くのをずっと迷っていたが、会期終了が目前となり、居ても立ってもいられず車に乗り込んだ。 名阪国道は奈良県に突入してからが気持ちいい。特に魔のΩカーブと言われ…

あかり

ざわざわしそうになる心をできるだけ奥に追いやって、楽しいことを考えるようにしている。 信じるとか信頼してるというより、仕事をする上でも含み、少しばかり心を許していた人たちがことごとく遠くへ行ってしまった。それは、私が直接関係しないものもある…

20201203

冬のある日。言葉のない。手紙がぼくに届く。なんて、呟いてしまう12月のはじまり。 自分が楽しめる空間は自ら作り出すしかなく、それだけを考えて過ごしている。 以前より、夢や希望を思い描くようになった。ひとつの目的を果たし、次のステップへ進むこと…

20201127

なだらかな坂道を車でのぼっていく。前を走る車は高齢者を意味するマークがつけられており、ブレーキを必要以上に踏むのかブレーキランプがちかっ、ちかっ、と頻繁に光っていた。 「←駐車場」 と書かれた目印をを頼りに左折してみると、すぐに砂利が敷き詰め…

笑顔でさようなら

小冊子『murren』vol.25 「ネパールの音」を読んだ。壮大な自然とそこで生きる人達の話は遠くのことのようでいて、自分の身近に落ちている話であるような気がした。おそらく、世界のどこであっても「今日を生きている」ことが共通しているからなのだろう。 …

20201124

歩いたことがない道を歩いた。 はじめて歩く道はわくわくする。 マンションのベランダでひらひらしているタオルを見ただけで新しい何かを発見したような気分になる。 気持ちを切り替えたいときは、知らない場所を散歩するに限る。 空の青さに負けない柿の存…

カラメルはちょっぴり苦い。

プリンをつくった。 水、グラニュー糖、バニラエッセンス、卵、牛乳で作る昔ながらのプリン。蒸すのではなく、オーブンで蒸し焼きにしてみた。カラメルの苦味がほどよく、スプーンを入れるとやや固めの感触が手に伝わってきた。素朴な味は遠いあの日を思い起…

美味しいごはん

上間陽子さんの『海をあげる』を読んだ。 沖縄で暮らす著者が、このエッセイを通して響かせてくる声はじわじわと大きくなり、読み終えて数日経った今、私の一部として心に住んでしまっているかのようだ。 私は沖縄に縁がなく、沖縄と言えば、陽気なひとが多…

なんとかなるさ。

みかんを買った。 みかんをこたつの上に置いたから、もう大丈夫かなって思う。 なんの根拠もない、大丈夫。 息苦しさや不安はずっと離れていかないけれど、それでもなんとなく、大丈夫。 思いこんだら、なんとかなるさ、大丈夫。 母と電話。 内容は重たい話…