バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

ニッキ

20230112 ~心の中は泣いてるの

イベント準備で仕事に追われ、やっと一息。 1日のうち半分の時間を仕事に費やしたのだが、残った12時間は何をしていたのだろう。6時間は睡眠、1時間は通勤時間、2時間は家事、あとの残り時間が本を読んだり、お風呂ってところかな。言葉通り、目が回りそうに…

20221202 ~困りません

めまいは徐々におさまってきた。 病院へ行った際、めまい改善の漢方薬であるツムラの39を1ヶ月 分処方された。これを毎回オブラートに包んで飲んでいる。 漢方薬の味が得意ではない、 さらには粉っぽいものが喉を通過するとき咽ることが多いためオブ ラート…

生きる

お風呂から上がり、屈んだとたん世界がぐらっと揺れ、そのまま立てなくなってしまった。ああ、また回転性のめまいがやったきたのだと理解した。和らげる体操を試みようとするも、吐き気が強く頭を動かせる状態ではなかった。とてもしんどくなってきてしまい…

20221112

ぽっかりと時間が出来たので、そこまで遠くなく、まだ行ったことがない場所へ行くことにした。 MIHO MUSEUM。 イオ・ミン・ペイが設計した建物を一度観てみたいと思っていたのだ。 こんな場所に美術館があるのかと思うくらい山の中へ入っていく。開けた先に…

20221106

早起きして、9時30分に始まる映画を観た。 『パラレル・マザーズ』、とてもとても良かった。シングルマザーである2人は産院で子どもを取り違えられる。同じ立場のシングルマザーでも、そこに至るまでの過程が全く違う2人と、家庭と弱さと強さを考えてた。 別…

20221105

休日の朝にゆっくりごはんを作る。慌ただしく、とりあえず何かを口に入れるような平日と明確に区別するように、時間の流れを自分の手で変える。 何の変哲もない野菜サラダでも食べたくなるように見映えよく盛り付ける。えのき、舞茸、しめじなど何種類ものき…

秋の空

「男心と秋の空」「女心と秋の空」どちらが多く使われるのかわからないが、今日この話題を出すのであれば「男女関係なく個人の問題」となるのだろう。 秋の空のように変わりやすい心は主に恋愛についてだろうけれど、私は時々それがとてもうらやましくなる。…

ひんやりとした空気を感じながら

知らぬ間に11月になっていた。 というより、おそらく「知っていた」のだけど、見ないようにしていたら11月になっていた。「何かに執着しそうだったら他のことに集中して気を紛らわすが吉」と何処かに書いてあったのだが聞いたのだかハッキリしないことを覚え…

伊勢河崎一箱古本市2022

10月23日に開催された「伊勢河崎一箱古本市2022」 に屋号『夕寝』で出店した。 伊勢河崎一箱古本市の開催は3年ぶりだった。 朝、伊勢へ向かい車を走らせていると、 会場近くで道を間違えて少々慌てた。この辺りは狭い道が多く、1 本間違えるだけでも面倒なの…

ひとりよがり

ひびうたで開催された本の会に参加した。 ほぼ毎月開催される本の会に手作りおやつを持参し始めて約2年になる。きっかけは私が苦しかった時に穏やかな場を与えてくれたことへの感謝だった。そこからは楽しみにしてくれている人の存在があり、現在に至る。フ…

香り

2週間くらいブログを書いていないだけで、どうやって文章を書いていたのか忘れている。継続することで得られるものってあるのだと思った。 先週は金木犀の香りに包まれていたけれど、今はうっすらとしか香りがしない。1年のうちほんの数日だけ存在感を撒き散…

見渡す

やりたいことはたくさんあるのに、なかなか手が進んでいかない。 日常は映画、ドラマ、本、音楽のあいだにあって、なんだかふわふわしている。 ガトーショコラを作った。ガトーショコラはバレンタインの時期に作ることが多かったので、暑いときに作るのはな…

知らないことが多すぎて

1年のうち、ケーキを食べる日は家族それぞれの誕生日とクリスマスで、あとは入学などの祝いごとだけだった。そこに2年前から「独立記念日」(離婚成立日)が増え、ケーキを食べる日になった。2年目にしてなかなか子どもと一緒に買いに行けず、独立記念日から20…

素直ではない

過ごしやすい夜だと感じる日が多くなった。 こないだまでたくさんの洗濯物を干していた向かいの部屋から洗濯物が消えたと思ったら、雨戸が閉まっていた。どうやら引っ越したらしい。今時のアパート住まいは入居や退去の際に挨拶をすることはないので、気づい…

この夏、いちばん静かな海。

先週、ひびうたで開催された『詩ぃぐらす展』へ行った。 『詩ぃぐらす展』は水谷純子さんが作られた詩とアクセサリーの展示だった。水谷純子さん(以下、じゅんちゃん)はずっと詩を書かれていて、大学でも学んだと聞いた。「本の会」等でお会いすることも多く…

ささやかな日々

急に強い雨が降ったり止んだりする日が続いている。階段に足をかけようとしたら、どこから来たのかぴょこっとカエルが跳ねた。 翌日も同じ場所でカエルが跳ねたので、その辺りを寝床にしているのかも知れない。 実家の玄関に丸い灯りがある。壁から土台にな…

本質を見極める

8月の中頃はずっと体調が芳しくなかった。動くとすぐに疲れるため、優先的でない事柄についてはすべて放棄し、ひたすら横になっていた。体調が優れなくなると健康であった日々を思う。けれど、健康な日々が続いているときにはそれらのことをすぐに忘れてしま…

ラベル

お休み明けのお仕事。 お休みのあいだ、体調が芳しくなかったため、ぼちぼち仕事をやっていこうと思っていたら同僚の子どもがコロナに患い、濃厚接触者とのことで自宅待機に。 休み明けははただでさえ問い合わせが多い上に、今日だけでなく数日間を乗りきら…

重さ

夏期休暇最終日。今年の夏期休暇は立っているよりも横になっている時間の方が明らかに長く、もはや「出来るだけ何もしない」に気持ちをシフトさせた。そうでないと、やりたかった多くのことが出来なかった私がかわいそう。自分を大事にすることにしているか…

今んとこはまあそんな感じなんだ

夏は切なくなるし、汗っかきで肌が痒くなるからあんまり得意ではないのだけれど、夕方の雲は微妙な心情をうつしてくれているようで、なんだか目が離せなくなる。 美しいものを見て美しいと思えたら、それは少しだけ心が回復傾向にあるということ。 夏期休暇…

ハザード

夏期休暇、折り返し。 何をしようか考えていたけれど、体調が芳しくなく、ほとんど横になって過ごしている。行きたいところもあったし、やりたいこともあったなぁと頭では思っているけれど、体がまったくついてこない。最低限の洗濯と娘の塾送迎だけはこなし…

『ひびフェス2022』参加しました。

8月5日に開催された『ひびフェス2022』にて、一箱古本を出店しました。 暑い中、お越しくださった皆様、どこかで思っていて下さった皆様、ありがとうございました。お久しぶりの方と近況を伝えあったり、初対面の方と本の話をしたりとても楽しかったです。 …

フルーツパフェを食べたはなし

先日、娘が15歳になった。 「15歳なんだから、R15指定いけるようになったね」 「ってか、15って中途半端じゃね?リアル中二病をでもないし、成人でもないし」 「まあ、とりあえず、おめでとうだね」 誕生日にかわいいリュックが欲しいとねだられ、娘が選んだ…

愛しいもの

先週の金曜日はお休みだったので、映画を観に名古屋へ行った。 伏見ミリオン座にて『リコリス・ピザ』 面白かったー! 好きって感情を持つと理解できない行動に出ちゃうもの。 ただもう、全力疾走で走ってる感じが堪らなく愛おしかった。 個性的な人物たち、…

ありがとう

「ご自宅用ですか?」 「はい、そうです」 「どちらも虫の本ですねぇ」 「ええ、虫が好きなんで。サイン本あるって知って買いに来ちゃいました」 「そうなんですよ。ご近所に住んでいらっしゃるから、サイン本書いてーって呼び出して書いてもらったんです」 …

揺らめき

しとしと、とは表現されない強い雨に「梅雨なんだな」と思ったのも束の間、驚くほど気温が上がり、心も体もついてきてくれない。 蛙がぴょんと跳ね、青くてツヤのある葉の上に打ちつける雨を見るのが好きなのに、私の大切な時間は何処へ行ってしまったのだろ…

『ホンツヅキ三重』へ行きました

『ホンツヅキ三重』へ行った。 「ホンツヅキ三重」は三重県内の古書店9店が集合した古本市だ。三重県内で古本屋さんが集まった古本市は今まで開催されておらず、話を聞いた時から心待ちにしていた。 本好きの方と会うたびに合言葉のように繰り返された「こ…

旅する思い

自分が明るい人であるのか暗い人であるのか、いつもわからなくなる。 自分勝手でありたいと思うのに、他の人の心を読もうとしてしまう。 前に進んで転がって。ずっとずっと転がっていたら穴にすっぽり落ちるだろうか。 ホールインワン。 誰かが手を挙げ、大…

立ち話

自身を守るために避けて通るのが懸命だとわかっていても、避けたゆえに明確な答えがみつからなくなることがいやで、結局は勇気を持って真正面からぶつかっていってしまう。 それはきっと下手な生き方なのだろうけれど、自分に正直だと思う。 どれだけ心が痛…

パカーン!

ヤコウタケ、一箱古本、峠越え、観劇、本……書きたいことはたくさんあるけれど、今日はすべて横に置いておく。 では何を書くのかと言えば、何も決まっていない。ブログを書くときに着地を決めずにだらだら書くことが度々ある。着地を決めてしまうとかえって書…