バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

ごはん。お菓子。

追いつめられて

先週、道路脇にパトカーが止まっていた。どうやら接触事故があったらしい。私は事故の現場をよく見かけるので、今年はいくつ遭遇したか数えようと思っていたけれど、もう幾つかわからなくなってしまった。ちなみに今朝もパトカーが止まっていた。 毎日、頭を…

星5つ

1月末に2年くらい一緒に働いていたパート勤務の方が退職した。退職理由を一言で表すならば人間関係ってやつである。今回退職された方をBさんとしよう。昨年、Aさんが退職されているのだが、AさんはBさんと折り合うことが出来ず退職した。Aさんが辞められたこ…

赤と青

「OnigiriAction」というプロジェクトがあり、おにぎりの写真を投稿すると、アフリカやアジアの子どもたちに学校給食が5食分提供されるらしい。何もやらないよりはやった方がいいと思ったので、何度かおにぎりの写真を投稿している。これは天かすと枝豆とお…

しずかな場所へ

こないだまで芳しい香りを放っていた金木犀の存在が薄れ、なんと儚いものかと思いながら日々を過ごしている。 相変わらず仕事の量が多く、8時に仕事を開始しても、退社が19時になっており、もはや笑うしかない。以前は9時間以上労働すると帰宅時の車でぐった…

ほどほどに。

忙しさのあまり、空気の色が変わっていくことに気がつけずにいた。香り、音、手ざわり、すべてが変化していくことに鈍感だった。夜が長くなり、風が気持ち良さそうに流れている。ただ、そこに立って目を瞑るだけで時間の経過を感じる。 五感が鈍くなるのは忙…

塩茹での落花生

夕方。 洗濯物を取り込もうとベランダへ出た。物干し竿にかけられたハンガーを外そうと手を伸ばしたとき、赤みがかった空が目に映った。そこで、空も私を纏っている空気も秋の気配であることに気がついた。 気配と香りになかなか気がつけなかったのは、意識…

すでに未来を生きている

夏があまり得意ではない。 暑さもそうだが、汗っかきなのに肌が弱いため、体のあちこちが痒くなったり、すぐに汗疹ができたりするのだ。首の左側の方がすでに汗疹になっているようで、指で触れるとぽこぽこしているのがよくわかる。早く治って欲しいと切に願…

大きなナナちゃんの下で

ブログがきっかけで知り合ったねぎさん(id:spice16g)とお会いした。 ずっとお会いしたいと思っていたが、世の動きもあり、なかなか実現できなかったのだ。 とても日差しの強い日に、待ち合わせ場所である「ナナちゃん」に私は10分程遅刻した。謝り倒すところ…

「見える」「見えない」

気圧が不安定なためか、ここのところずっと頭がいたい。「いたい」が慢性的になると、それが通常のように感じてきて、いたくなかったときを思い出せなくなる。 そうやって、心が蝕まれていることに気がつかないふりをしていたあの頃の日々の苦しさはだんだん…

詫びクッキー

休日から平日へ変わるとき、気持ちはなだらかにしか切り替わることが出来ないのに、時間はそんなこともお構いなしに規則的に動いていく。 友とにこやかに過ごす時間が私の生活に必要であることをまざまざと感じ、嬉しさと寂しさがマーブル模様に混ざりあって…

この夏は……

ここのところ、あまりからだの調子がよろしくない。めまい、気圧による頭痛、月の半分くらい続く月経。季節と年齢的なものが一気にきている感じがして、途方にくれつつ、半笑いを浮かべている。 「この夏にしたいことはなんですか?」 Twitter経由のマシュマ…

20230603 ~シンプルで熱のある何か

昨夜は台風が接近する中、三重県立文化会館でウィーン少年合唱団を堪能した。10~14歳の変声期前という短い期間に限られたメンバーが舞台の上で美しい歌声を響かせる。少しの幼さを纏った清らかな声に、年を重ねた自分が汚れているように思えてしまった。『…

20230523 ~とりとめもなく

人の流れが変化する4月を終え、一息ついたような5月。 4月に進学した娘は新しい生活を謳歌している。気の合う仲間に出会えた喜びを日々語ってくれる中で、中学校にはあまり馴染めていなかったと告白してきた。自分が興味を持っている事柄について話したら、…

私はなんとかなるから心配しないで。

娘が高専へ進学することが決まり、卒業式のあとは制服の採寸へ行ったり、自転車を購入したり、入学説明会へ行ったりと毎日何かがあって、あっという間に今日に至っていた。 桜が咲き、雨が降り。 今年の桜が例年より淡い色合いに見えたのは、私の心と呼応し…

20221112

ぽっかりと時間が出来たので、そこまで遠くなく、まだ行ったことがない場所へ行くことにした。 MIHO MUSEUM。 イオ・ミン・ペイが設計した建物を一度観てみたいと思っていたのだ。 こんな場所に美術館があるのかと思うくらい山の中へ入っていく。開けた先に…

20221105

休日の朝にゆっくりごはんを作る。慌ただしく、とりあえず何かを口に入れるような平日と明確に区別するように、時間の流れを自分の手で変える。 何の変哲もない野菜サラダでも食べたくなるように見映えよく盛り付ける。えのき、舞茸、しめじなど何種類ものき…

ひんやりとした空気を感じながら

知らぬ間に11月になっていた。 というより、おそらく「知っていた」のだけど、見ないようにしていたら11月になっていた。「何かに執着しそうだったら他のことに集中して気を紛らわすが吉」と何処かに書いてあったのだが聞いたのだかハッキリしないことを覚え…

香り

2週間くらいブログを書いていないだけで、どうやって文章を書いていたのか忘れている。継続することで得られるものってあるのだと思った。 先週は金木犀の香りに包まれていたけれど、今はうっすらとしか香りがしない。1年のうちほんの数日だけ存在感を撒き散…

ささやかな日々

急に強い雨が降ったり止んだりする日が続いている。階段に足をかけようとしたら、どこから来たのかぴょこっとカエルが跳ねた。 翌日も同じ場所でカエルが跳ねたので、その辺りを寝床にしているのかも知れない。 実家の玄関に丸い灯りがある。壁から土台にな…

本質を見極める

8月の中頃はずっと体調が芳しくなかった。動くとすぐに疲れるため、優先的でない事柄についてはすべて放棄し、ひたすら横になっていた。体調が優れなくなると健康であった日々を思う。けれど、健康な日々が続いているときにはそれらのことをすぐに忘れてしま…

重さ

夏期休暇最終日。今年の夏期休暇は立っているよりも横になっている時間の方が明らかに長く、もはや「出来るだけ何もしない」に気持ちをシフトさせた。そうでないと、やりたかった多くのことが出来なかった私がかわいそう。自分を大事にすることにしているか…

今んとこはまあそんな感じなんだ

夏は切なくなるし、汗っかきで肌が痒くなるからあんまり得意ではないのだけれど、夕方の雲は微妙な心情をうつしてくれているようで、なんだか目が離せなくなる。 美しいものを見て美しいと思えたら、それは少しだけ心が回復傾向にあるということ。 夏期休暇…

フルーツパフェを食べたはなし

先日、娘が15歳になった。 「15歳なんだから、R15指定いけるようになったね」 「ってか、15って中途半端じゃね?リアル中二病をでもないし、成人でもないし」 「まあ、とりあえず、おめでとうだね」 誕生日にかわいいリュックが欲しいとねだられ、娘が選んだ…

愛しいもの

先週の金曜日はお休みだったので、映画を観に名古屋へ行った。 伏見ミリオン座にて『リコリス・ピザ』 面白かったー! 好きって感情を持つと理解できない行動に出ちゃうもの。 ただもう、全力疾走で走ってる感じが堪らなく愛おしかった。 個性的な人物たち、…

揺らめき

しとしと、とは表現されない強い雨に「梅雨なんだな」と思ったのも束の間、驚くほど気温が上がり、心も体もついてきてくれない。 蛙がぴょんと跳ね、青くてツヤのある葉の上に打ちつける雨を見るのが好きなのに、私の大切な時間は何処へ行ってしまったのだろ…

旅する思い

自分が明るい人であるのか暗い人であるのか、いつもわからなくなる。 自分勝手でありたいと思うのに、他の人の心を読もうとしてしまう。 前に進んで転がって。ずっとずっと転がっていたら穴にすっぽり落ちるだろうか。 ホールインワン。 誰かが手を挙げ、大…

素顔

心がずっと痛くて呼吸が重いので、頑張らずに生きていようと思う。 だって、もう十分頑張ったと思うのだ。 日々、実働9時間くらい働いていて、家事をし、世話と言うほどではないけれど、子どもに声をかける。笑って生きて……もういいではないかと思う。 「見…

木漏れ日

娘が友達と名古屋へ出かけたため、息子を行きたい場所へ連れていった。 幼い頃から息子の行きたい場所は娯楽施設ではない。昔はエレベーターのあるところであり、今は決済端末のあるところである。 今回は伊勢のLaLaパークスタート。そこからひたすらスーパ…

hibi

慌ただしく過ぎ去る日々。 心の平穏が保てているのか疑うこともあるけれど、その努力はしていると思う。 書くことを後回しにしてしまいがちなので、少しハードルを下げて近況を写真で。 ブロッコリーが安かったので、ブロッコリーを中心にピクルスを作った。…

20220224 ~しんしんと

今年の2月は雪の降る日が多い。 しんしんと雪が降るときの静けさはたまらなく好きなのだが、翌日の仕事を考えてハラハラしてしまう。 子どもの頃のように何も考えず、ただワクワクする気持ちで雪を眺めたい。 *** 私はどうやら同じことを何度も聞かれると…