バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

2018.1.11

洗濯物を干そうとサンダルをつっかけて外へ出た。

ジョリ。霜柱を踏んだ。足の裏で寒さを感じた。

湿った冷たい洗濯物を物干しにかけていく。かけたばかりの洗濯ものから蒸気が出ていた。1つ2つ3つ。次から次へと干していく。蒸気も同じ数だけ上がっていく。

遠くの山は粉砂糖をかけたように白くなっていて、いつもより明るい色に感じた。街中に背の高い建物がない田舎の景色は、街と山の距離が近いように思う。小さな建物の背後に大きな山がどーんと構えている様子を面白いなと思いながら眺めている。

マフラーに顔をうずめた女子高生は素足にハイソックスで歩いていた。素足に見えるけれど実は薄いストッキングをはいている可能性も捨てきれないなどと考えながら車のハンドルを切った。

仕事はこれといった問題もなくただ時間が過ぎていった。名乗ったあとに必ず「あのね」と話し始める取引先の女性は今日も「あのね」と話し始めた。

夕方。会社にいる顔は強面だけど気の良い男性が宅配ピザを頼んだからみんなで食べようと言ってきた。「なんか今日はそんな気分になったから急に思い立った」と男性は続けた。しばらくしてピザが届いた。大きいのが2枚。

「ほら、年が明けてから何もしてないから新年会だよ」

皆が作業の手を止めて来てくれるか不安そうにしながらも声をかけていた。1人。また1人。作業の手を止めてやってきた人は男性にいただきますと言いながらピザを頬張っていた。男性は「急に頼んだから誰も来なかったら……と思ったけど良かった」とにこにこ笑っていた。ごちそうしてもらったのはこちらの方なのになんて嬉しそうに笑うのだろうと思った。

仕事を終えて外に出たら風がぴゅうっと吹いてマフラーの先がひらひら泳いだ。頬はひんやりしたけれど私は温かいままだった。

 

『KISS』という絵本が素敵でした

f:id:bambi_eco1020:20180104113049j:plain

 昨年最後に頂いたプレゼントは『KISS』という絵本だった。

この絵本があまりにも素敵で、頂いてから何度も開いたり閉じたりを繰り返している。

『KISS』を知ったきっかけは6次元のナカムラクニオさんのツイートであった。

  

 

見た瞬間「素敵!」と思ったが、調べてみると日本未発売(6次元と誠光社で数冊は販売されたらしい)の絵本で入手するのが難しそうであったため私はしばらく忘れかけていた。だが、友人はその話を覚えていてくれたようで、どういう風に手に入れたかは知らぬが私の手元に届いたのである。嬉しかった。とっても嬉しかった。その気持ちと同じくらい読んでいて嬉しくなるような絵本だった。

 

f:id:bambi_eco1020:20180104113112j:plain

『KISS』に文字はひとつもない。様々な動物同士がページをひらくことでキスをする。

f:id:bambi_eco1020:20180104113126j:plain

 

f:id:bambi_eco1020:20180104113134j:plain

 

f:id:bambi_eco1020:20180104113158j:plain

ヘビとカエルだってキスをする。

自分で組み合わせを考えて遊ぶこともできるし、「普通」であるならあり得ない組み合わせを作るのも楽しい。みんな生きている。

f:id:bambi_eco1020:20180104113328j:plain

表紙が黒の箔押しで触り心地もよく、特別感溢れる絵本だと思った。

 

『KISS』はSunkyung Cho作で韓国の「somebooks」より出版されている。

 どこかで見かけることがあったら是非手に取ってもらいたい。

 きっと何かを感じることができると思う。

 

この本を私にプレゼントしてくれた友人へ伝えたい。

ずっと大切にします、と。

 

寺地はるなさんの『架空の犬と嘘をつく猫』を読みました

f:id:bambi_eco1020:20180103222854j:plain

寺地はるなさんの『架空の犬と嘘をつく猫』を読んだ。

「嘘吐き」の家系の羽猫家――3人目の子供を亡くしたことを受け容れられず空想の世界で生きる母、愛人の元にすぐ逃げる父、それの全てに反発する姉、そして、思い付きで動く適当な祖父と、比較的まともな祖母……。
そんな滅茶苦茶な家の長男として生まれた山吹は、幼い頃からみんなが唱える「嘘」に合わせ成長してきた。そして、その末に、このてんでバラバラな家族のゆく末と山吹の日常には、意外な結果が訪れる。これは、それぞれが破綻した嘘を突き続けた家族の、ある素敵な物語――。

寺地はるなさんの単行本はいつも表紙が素敵なのだが、こちらも例にもれずとても可愛らしかったので「内容も可愛らしいのかしらん」と軽い気持ちで読み始めてみたら予想を裏切るくらい深く素敵な物語であったので、優しい気持ちになれたと同時に少しの疲労感が残った。疲労感といっても息ができないような苦しいものではなく、マラソンを完走した時のような清々しさも混ざった疲労感であるので気持ちが良かった。

物語は山吹という男の子が成長する過程ととりまく家族達を中心に進んで行く。ひとりひとりを見ていくと、それぞれ嘘つきなのかも知れない。でもその場で嘘をつくことで自らを守ったり、誰かを守ることもあるので嘘を一概に否定はできない。それに「嘘をつかない」なんて人がいたら、それこそ嘘だ。例えば、誰かが大きな荷物を持っていて、あまりにも大変そうだから手伝ったとする。相手が「重いからいいよ」といっても「平気、平気!これぐらい軽いから全然大丈夫!」と言ってしまうことってあると思う。これだって嘘だ。だって手にかかる重みはあるのだから。ただ、相手との関係性で多少の重さは軽減されることもある。

自分のことで精いっぱいの中で、誰かから否定されたりすると「本当に自分は存在していていいのだろうか」「役に立たないのに良いのだろうか」と感じてしまうことがある。その時に感じた辛さがこの本を読むと思い出されたが、「生きていて良いんだよ」と優しく包んでくれたので涙が出そうなくらい安心した。

お互いがお互いを思うことってわかりやすい場面ばかりではないのだろう。最近は時間が解決するという言葉の意味がようやくほんのちょっとだけわかる気がしてきた。生きるということはいつか死ぬわけだけど、いったいどれほど生きられるのかは誰にもわからない。でもせっかく生きているのだから自信をもって「生きているんだ、生きてて良いんだ」と思っていたい。

 なるべく内容に触れないように感想を書いているのだが、私はこの一文が好きだったので引用したい。

自分と話して「満たされた」と感じる人間がいることは、それはたぶん幸福なことなのだろう、と思った。

私と関わった人が少しでも楽しく居てくれれば良いと思って生きている。

「満たされた」と思ってくれてるかは怪しいが、私と一緒に笑っていてくれる人達がいることを私は幸福だと思っている。

 

 

架空の犬と嘘をつく猫 (単行本)

架空の犬と嘘をつく猫 (単行本)