バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

20190818 ~『本の会』へ行きました

以前から気になっていた「本の会」に参加してきた。気になっていた期間は長いのに行くことが出来なかったのは、勇気のなさもあるけれど単純に色々な意味で余裕がなかったからだ。苦しいことが多くて自分の時間について考えることもできなかった。

最近やっと「少しは自分のことも考えよう」と思い始めたので子ども達にそんな会があるんだけど行ってもいいかな?と聞いてみた。

「うん。お母さんはぼっちでかわいそうだから行ってきなよ」

なんだか泣けてきた。優しさと「ぼっち」認識されていることに。

 


f:id:bambi_eco1020:20190818231925j:image

「本の会」は自分が持っていった本を皆さんにご紹介するかたちで進行していくと理解していたので、どうせ初めてで緊張するに決まっているのなら、私の1番の得意分野である絵本を紹介することにした。夏に紹介したい絵本は何冊か思い浮かんだけれど、新宮晋さんの『くも』に決めた。喋れなくても一目見ればわかる強さと美しさがこの絵本にはあると思っているので絵本の力を借りようと思った。

「本の会」の会場である「ひびうた」さんに入った時から手汗がひどくてすぐにトイレに行った。小心者にはなかなかハードルが高い行動だが、その先に「楽しさ」があるとわかっているのなら越えなきゃいけないこともある。今の私にはそれができると思った。

テーブルを中心として円になって座る形でスタートしたが、隣の人の手がぶつかるくらいのぎゅうぎゅう状態だった。エアコンがついて扇風機も回っている部屋であっても暑くてずっと汗を拭っていた。ただ単純に温度が高かったのか、皆さんの思いから発される熱気なのかは最後までわからなかった。幅広い年齢の人々がさまざまなジャンルの本を紹介していく。私はみんなが紹介する本にも興味を持ったけれど、その人の思いが乗せられた話し方とその人が気に入った箇所や感銘を受けた箇所を聞くことが楽しかった。きっと私が同じ本を読んでも同じ感想にはならない。積み重ねてきたものはみんな違うという当たり前のことを私はずっと考えていた。

夏らしく、戦争のこと、怪談話、中には発掘された卒業アルバムという珍品に近いものもあり、笑って考えて頷いてずっと頭の中はフル回転だった。

たまたまキリスト教的思想について話した方が二人いて、一人の方はキリスト教の思想には自己犠牲があるのではないかと思うと話されていた。ちょうど帰省した時に私が母と話したことを思い出した。私の母はクリスチャンであるため、私は幼い頃教会へ通っていた。まともに通っていたのは小学生までで以降はクリスマスイブに行ったりする程度ではあったが、私には疑いようがないキリスト教的思想があると感じている。それは簡単に言えば自己犠牲なのだけれど、自分の幸せよりも周りの人が幸せであることを願ってしまう傾向にあるのだ。周りの人が笑っていれば自ずと私も笑えるので自己犠牲と認識したことは長い間なかったのだが、自分勝手になりきれなかったり「もっと自分のことだけ考えても良いんじゃない?」と言ってくれる友人達の言葉からああ、そういうことかと理解した。犠牲にしているつもりは更々ない。だけれども時に生きづらいよね、そういう話を母としたのだった。

自分の本の紹介はささっと終えて緊張が少しだけほぐれたあとはテーブルの上の灯りを見ていた。私の他にも今日が初めての方がいたのだけれど、参加した理由のひとつが「居場所について考えていた」と話されていて私も一緒だなって思った。

灯りのオレンジ色がやさしく部屋全体を照らしていた。

 

また参加しようと思った。

 

 

 

くも

くも

 

 

20190813 ~手を添える

今日行った本屋にハン・ガン『回復する人間』が置いてあったため、迷わず購入した。

「このままで良いですか?」

咄嗟に「はい」と返事したものの、持もちのバッグが小さかったため本を手で直接持って歩くこととなった。書店のカバーはかけてもらったが、手汗を含んだカバーは時間が経つにつれ、波を打ってごわごわした感触になっていた。

 

母と話をした。

「あなたの話は何でもハッキリ言ってくれて良いわ」

母は湯飲みに手を添えながら言った。私もたくさん悩みや迷いがあるけれど、同じところをぐるぐる回ってるのは好きじゃない。だから山手線ぐるぐるしているよりは、ちょっと郊外へ行こうかな、みたいな思考で過ごすことにしている。例え、進んだ先が正解でなくとも可能性のひとつを打ち消せただけ答えに近づく気がするのだ。丸い路線からいくつも枝分かれしている路線に進んで、それぞれの景色を眺めていたら新たな考えも浮かぶかもしれないし、出会いもあるかもしれない。

歩みを止めたつもりでも老いていくのであれば、ずっと考え続ける方がいい。

 

母は尊敬に値する人であるけれど、老いたと思う。母であっても誰かに背中を押してもらいたい時があり、その役目が私であるならば私はそっと背中に手を添えるだろう。

 

20190812 ~好奇心のかたまりだから

帰省してゆっくりしている。ハン・ガン「回復する人間」を読んでいるのだが、まだ半分しか読んでいないのに何とも言えない気持ちになっている。私の心の開けていなかった幾つかの引き出しのひとつを開けてしまったようだなって思っている。回復するのは大変なこと。ただ、それは外部の助けを借りようとも最終的には自分でどうにかしなくちゃいけない。

日々、回復を願うも上手く立ち回れていない私としては本を読むことも助けのひとつとなる。このまま、本に頼ろう。



f:id:bambi_eco1020:20190812202217j:image

群馬県高崎市にある『REBEL BOOKS』さんへ行った。前から行けたらいいなとは思っていたけれど、思っているだけではいつまでも辿り着くことができないので車でぴゅーっと行ってきた。近くのコインパーキングに車をおいて、路地を歩いていく。REBEL BOOKSさんに辿り着く前に行列のかき氷屋さんがあってびっくりしたフレーバーも多そうだったし、きっと本当に美味しいのだろう。華やかな雰囲気を感じながらもう少し歩くと、何屋さんかわからなかったが、どうやら猫が最近亡くなったようで可愛がってくれた人達に向けた文章が貼り出されていた。そんな街のあたたかい空気が漂っているところに『REBEL BOOKS』さんは存在していた。こじんまりとした店内には興味深い本がたくさん置いてあった。一般的な書店とは違うラインナップを見るのが楽しくて店内を何周も回ってしまった。一緒に行った娘も棚にある本を手にとって熱心に読んでいた。どれだけアンテナを張り巡らせても地方に住んでる者が情報を得ることは容易いことではない。そんな時に個性のある書店はとてもありがたい。まだまだ私の好奇心は終わらない。これだけでもまだまだ生きていこうと思えるのだから単純だなって思う。


f:id:bambi_eco1020:20190812202107j:image

気になるお店は「いつか行こう」ではなく、「今、行こう」であるといい。

好奇心をずっと持ち続けて生きていくのは幸せなことではないだろうか。

 

 

 

回復する人間 (エクス・リブリス)

回復する人間 (エクス・リブリス)