バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

彦坂木版工房 作品集「旬」出版記念展へ行きました


f:id:bambi_eco1020:20190920225630j:image

名古屋のON READINGで開催されている彦坂木版工房の展示会へ行った。彦坂木版工房といえば絵本「パン どうぞ」など、表紙を見るだけでよだれが出そうなほど、美味しそうでリアルな木版が人気のふたりぐみだ。

木版の美しさに絵本を近づけたり、斜めに見たりした人も多いのではないだろうか。

(私はやりました!)


f:id:bambi_eco1020:20190920225651j:image

今回は作品集「旬」の発売記念だったのだが、壁に飾られたいくつもの木版がそれは、もう、美味しそうで!お腹が鳴るって!静かなのに!止めてくれ!困っちゃう!気持ちを抑えられなくてずっとにやにやしながら眺めたのだ。

この「旬」は彦坂木版工房が担当したJA兵庫六甲の広報誌「Wave Rokko」の表紙をまとめたものになる。私は娘と観に行ったのだが、ちょうど私たちしかいない時間があり、在廊していた彦坂木版工房のもりといずみさんに色んなお話を聞くことが出来た。この「Wave Rokko」は月1回発行のため、毎月作品を作らなければいけなかったそうだ。「大変じゃないですか!」と尋ねてみたら、「大変でしたけど、毎月表紙になる予定の食材が家に送られて来るんです。それが楽しみで!」もりとさんは笑いながら話されていた。作品集を見るとわかるのだが、あまり見かけない野菜も登場する。「うど」は真っ白いうどを想像するが、赤みを帯びたうどであったり、「山の芋」という石ころみたいなゴツゴツした芋も載っている。この山の芋、「石っぽくならないように気をつけてほしい」と担当者に言われたが、とても難しく試行錯誤を繰り返したと話された。話している時のもりとさんが苦しそうだったので、さぞ大変だったことだろう。

そしてこの作品集いちばんの目玉は「神戸牛」である。霜降りの木版が素晴らしいのだ。

「神戸牛は良かったですね!嬉しかった!美味しかった!また食べたいです!」

そう話されるもりとさんは素直な人であると思った。娘が最初に反応したのもこの神戸牛だった。「にくにくしい!」と一言だけ発した娘に笑ってしまった。

眺める木版がどれも美しかったので作品集を購入することにしたら、もりとさんがサインを入れて下さることになった。

「大人っぽいサインとパンも一緒に描いたサイン、どっちが良いですか?」

問われた私たちは迷わず「パンも一緒で!!」と答えた。


f:id:bambi_eco1020:20190920225717j:image

描いてもらったクリームパン。私たちに描いてもらった感が出ていて嬉しい。

サインを描いてもらっているときに、iPadで木版を作る映像を見せてもらった。彦坂有紀さんが木版を紙に摺る作業をしていたが、この作業はとても腰にくるらしく女性でやられている人は少ないと仰っていた。

食パンを摺るときには、わざと紙を濡らして食パンのみずみずしさを表現し、ハードなパンは乾いた紙を使うことなど興味深いお話を直接お聞きすることができ、とても楽しいひとときを過ごすことができた。

鼻歌をうたってしまうほど嬉しかったな!

 

展示会は9月23日までです。

よろしかったら足を運んでみて下さいね。

 

 

パン どうぞ (講談社の創作絵本)

パン どうぞ (講談社の創作絵本)

 

 

パン ふわふわ (講談社の幼児えほん)

パン ふわふわ (講談社の幼児えほん)

 

 

20190918 ~会話がしたかった


f:id:bambi_eco1020:20190918205912j:image

最近出会った人達にぽつぽつと自分の話をするようになった。内に秘めて消化する期間が長かったためか思考が整理され、笑いながら、というより、へらへらしながら言葉を発している。

進みたい気持ちはあっても心も同時についてこないと動き出せるものではなく、そんな話をしていたら「今は溜めてるんですね」とあっさり言われ、ええ、はい、まあ…などと曖昧な返事をしてしまった。感情を伝えることは難しく、伝わらない人には全く届かないのでこうも簡単に受け取ってくれたことに気分が良くなった。

ある人は私のブログはノスタルジックなにおいがすると言った。

「いえいえ、そんな美しいものではなく私が夢見がちなだけですよ」

答えたものの、読んでくれただけで嬉しかった。

この2ヶ月ぐらいはいつもよりたくさんの人と言葉を交わした気がする。話を聞いてもらいたいというよりも私は誰かと会話がしたかったんだと思った。気を張って何にも動じないつもりでいたけれど、そんなものは一つの出来事であっさり崩れ、立て直すことが容易でなかった。

何も責めるものはない。時間の流れと感情の在りかが誰にも掴めるものではなかっただけの話だ。それならばまた私を作り直せばいい。

 

人と話したあとは考えることが増えるためか、なかなか寝つくことができない。

だが、それはうなされて眠れないよりもよっぽど温かくて尊いものではないだろうか。

 

 

子どもに頃に好きだった絵本「むるとめるのぼうけん」を購入したはなし。

Twitterを眺めていたら、とても懐かしい絵本の表紙が目に飛び込んできた。それは幼いときに好きだった絵本の1つ「むるとめるのぼうけん」だった。

「むるとめるのぼうけん」のあらすじは福音館書店のサイトに書かれている。

兄さんのむるは作りたがり屋。妹のめるは行きたがり屋。こびとの兄妹は、ひなた山のてっぺんから、葉っぱのそりですべりおり、花畑で遊びました。次は花の車と葉っぱの帆をつけたヨットを作りましたが、風が強くて吹き飛ばされ、川の中へまっさかさま。そこでこんどは、ガマの穂でいかだを作って川をくだっていきます。ものを作る楽しみと、遠くへいく冒険にみちた絵本です。

こびとのきょうだいである「むる」と「める」のぼうけんは憧れだった。葉っぱのそりで坂を滑り、オレンジのいかだぐるまに乗った後、そのままオレンジのベッドでお昼寝をする。ガマの穂のいかだで川下り、最後はたまごのからと鳥の羽のヘリコプターに乗る。子どもであった私が普段目にするような植物などを使い、モノを作って遊ぶさまに何度「一緒にぼうけんをしたい!」と思っただろう。

ガマの穂を見たことがなかった私はガマの穂見たさに「川へ連れていってー。ガマの穂がみたい!」とねだったが、なかなか叶わず植物図鑑を眺めてはいつかガマの穂でイカダを作ってやる!と思っていたのだった。実際、あとから実物をみたらガマの穂はイカダにできるようなものではないとわかった。あれは「むる」と「める」がこびとだからできることなんだな。自分がこびとでないことを悔やんだ。それぐらい乗りたかったのだ!

そんな思い出の絵本を久しぶりに目にし、思わずTwitterで呟いた。すると、その絵本のことをツイートしていた古本屋さんが通販も可能ですよとお声がけ下さった。「むるとめるのぼうけん」は絶版となっているため、私はすぐに欲しい!と連絡をした。古本屋さんは次の日に定価を調べ、本の状態写真まで下さった。とても丁寧に対応して下さったことが嬉しくてあらためて購入したい旨を伝えた。

f:id:bambi_eco1020:20190917151906j:plain

 私の手元に届いた「むるとめるのぼうけん」を読んでみた。子どもの頃とはまた違った印象だったけれど、やっぱりわくわくする絵本だった。さらに今回、小さなやりとりから始まり、私の手元にこの本がやってきたことが新たに紐づけられる記憶となった。

 

岐阜県恵那市にある「庭文庫」さん、どうもありがとうございました。

大切にしますね。