読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

ファッジが甘くて泣けてくる

f:id:bambi_eco1020:20170408151318j:plain

桜の花が満開になったとたん降りだした雨は花見客を蹴散らそうと企んでいるのかと思うほど、まだ止む気配を見せない。

私の運気が上がったり下がったりするのと連動するように、空の様子も晴れたり雨降りだったりしていて、「なんなの、私の心を読んでるの!とんでもない空だ!」と空に向かって呼びかけてはみたものの、バカらしくてクスッと笑う。これだけ私の心が読めるなら、私と相性がいいのかもしれないねなんて都合よく思いながら、炭酸水をぐいっと飲んだ。

 

新学年をスタートさせたこども達は先生や友達の様子を聞かずとも報告してくる。おそらく新しい出会いと発見を誰かに聞かせたいのだろう。私はぽんぽん弾みながら転がってくる言葉の中に、不安な部分がないかを探しながら聞いている。

「○○ちゃんと一緒だったー」

「あの先生、△△が趣味らしいよ」

「クラスの女子の一部がちょっとだけ…アレなんだよね」

毎年のクラス替えは新鮮な空気をもたらすけれど、スタート時は神経をすり減らす。すり減った神経を少しでも和らげるのは春ののんびりした気候であり、私であり、自分自身でもあると思う。

 

運気が低迷しているなって感じたりもするけど、それも今までの行いが招いているのかもしれないし、私がポジティブ思考でわわわーーっつって乗り切れるのか試されているのかもしれない。

だいじょうぶ。立てているうちはだいじょうぶ。

何を支えにするかは都度異なるけれど、思うだけでほっとするようなモノが傍らにあるとだいぶ心強い。詩集であったり、かわいいマスキングテープであったり、変わったレターセットであったり。

最近、それらのモノも大事だけど、どういった背景で私の手に入ったかも重要な要素であるように思えてきた。誰かからもらったとか、好きなお店で購入したとかそういうことだ。

あの人に薦められてみた映画がさらに美しくみえるように、本が驚くほどおもしろく感じるように、私の周りの誰かは間接的に私を支えていてくれる。

 

この先、私はひとりぼっちだと思うことはないような気がする。

繋がりを感じとることができる私はひとりぼっちだと思うことはないような気がする。

鼻で笑っちゃうくらいちっぽけな強さでもないよりはあった方が良いに決まってる。

 

さて、そろそろ晴れてくれないかな。

洗濯物が山積みだ。

 

f:id:bambi_eco1020:20170411200022j:plain