読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

「言及通知にちょいとばかり慣れた私」と「エイプリルフールのはなし」の二本立てでお送りします。

思った ニッキ
f:id:bambi_eco1020:20150402223138j:plain
 

皆様ごきげんよう。エイプリルフールの次の日、いかがお過ごしでしょうか?

昨日はエイプリルフールという「ウソついてもいいんじゃない?」の日だった訳ですが、私は毎日ちょいちょい息子にウソをついているので、「エイプリルフールの日ぐらいウソつくのを止めよう!」と心に決め、静かに朝食を食べて出社準備をしていたんですね。

すると息子が「お母さん、なんで今日はウソをつかないの?おかしいよ。やめてよっ!」と言い出しました。

さすがに「エイプリルフールにウソをつかないお母さんなんてお母さんじゃない!」みたいな言われ方されるとは思ってもいなくて、ちょっぴり驚いてしまいました。

そしてエイプリルフールも過ぎ去った今日。

私は朝からかっ飛ばして息子にウソをついてみました。

「お母さん、エイプリルフールは昨日だよ?」そう問いかける息子に「これが私の平常運転です!」と鼻をブヒッ!と鳴らしながら申し上げたところ、「もう!お母さん何なの!何なんだ!」と息子がぎゃーぎゃー騒ぎだしました。

そこで私は「もっと私を知りなさい」と真顔で諭したのです。

めでたしめでたし。

…………?

息子くん、いつも私に付き合ってくれてありがとうございます。私は自分の親が私みたいな人だったら正直「めんどくさい」です。きっとキミもそう思ってるんでしょうね。本当にスミマセン。

  

***  

さて、そんな話とは一切接点のない話がここから始まりますよー。

皆さま知ってか知らずかご存じなのかご存じないのか、そこははてさて置いておいて、わたくし「はてな」のこちらのグループに入っております。 

 はてな文芸部 - はてなブログ グループ 

学生時代はずっと運動部でスポ根少女だった私。

「少女」「運動」要素が薄れた今、「これは文芸部しかないでしょ!」と身勝手にも思い込みぐいぐい参加しております。

ちなみに私の得意な運動は、「反復横跳び」「後ろ走り」「手押し車(ペアに足を持ってもらい、手でガッシガッシ進むやつ)」です。どれもクラスで1番早かったのですが、全て運動会の種目にはないのでヒロインになることはありませんでした。あれが正式種目だったら私はスゴイ選手になれたかも!という夢だけは見て毎日生きています。 

で、ですね。文芸部。

主に「のべらっくす」と「短歌の目」に参加して「めちゃくちゃ楽しいわー」と毎月毎月声に出して叫んでおります。(主催者様、ありがとうございます)

昨日もお風呂で「楽しいわー!」と叫んだら、外で猫のケンカが始まりました。子ども達が「あれ、本当に猫なの?猫ってあんな声なの?」と怯えるほどのケンカでした。ビビリました。ビビりすぎていつもより早く風呂から出ました。烏の行水にもならんかったです。

(もしかして発情期だったのかも!?)

 って、なんだか今日は文章がややテンション高めですが、気にせずこのまま進みましょう。 

私が「のべらっくす」や「短歌の目」に参加するようになって良かったなぁと感じている事があるんです。

「ストレスの発散」や「文章の奥深さと面白さを更に感じたこと」なんかは代表的な例なんですけど、そうではなく「本当に良かった」と思っているのが「言及通知に以前より怯えなくなった」コトなんです。

え?そこ?と思うでしょ?そこ、大事!

はてなブログでは、はてなブログ記事をぺたんと貼り付けると、相手に「言及通知」が届くんですね。これが、以前はものすっごく怖かったのです。ドアを開けたらなまはげが今まさに「出刃包丁を振り上げましたーーっ!わははー」という体で立ってるぐらい怖かったんです。

え?怖さが伝わらないって?

じゃあ、開封済み、半分ぐらい食べた「たけのこの里」を床に置いたまま出かけ、帰って来て蓋を開けたらたけのこの里のチョコとクッキー部分の境目がわからへんやん!ってなぐらいアリがびっしりうじゃうじゃ引っ付いているぐらい怖かったんです。

その昔、某カリスマママママママブロガーはなこさんが気を遣ってあえて言及通知を飛ばさないで、私の記事を言及してくれたぐらいビビりでしたもん。(マの数がわからんかった)

それがですね、最近は「言及通知がきてる~。ふふん♪」ですからね。

なぜかと言えば、「のべらっくす」や「短歌の目」は読んで下さった方が、とっても嬉しいことに感想を書いてくれるので、言及通知がばっしばっし飛んでくるんです。スギ花粉並みにバッシバッシ飛んでくるんです。(ごめんなさい、これは言い過ぎました。却下。)

けど、本当にばっしばっし飛んでくるので、さすがの私もほんの少し「言及通知」に慣れたみたいです。

人というモノは慣れていくものなんですね。恐ろしい、恐ろしい。

言及内容に否定的なモノが少ないから、通知が来ても気持ちがラクってのもちろんあります。むしろそれです。

最近は気分の重くなる言及を全く頂いていないので、またそんなのが来たら怯え出すかも知れないなぁとは思ったりもします。

でもまあ、先のことはわからんので、しばらくは「言及通知だ、やっほっほ!」のノリで過ごして行けたら能天気で春っぽくてよろしいのではないでしょうか。

よか、ろう、もん!

 

さあ、短歌を考えよう!

 

どうやら私、週末に福岡へ行くみたいですー。