読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

おばさんって良いよ☆

先日、知り合いの男性(30代前半、見た目は怖そうで体もでかい)が車を運転中、コンビニから出てきた車にぶつけられたらしい。ぶつけたのは18歳の女性で上下スウェットという「今、部屋からちょっと出てきたんですー」ぐらいのラフな格好だったそうだ。たまたま現場が警察署の近くだったこともあり、事前に電話を入れてから2人で警察へ向かった。署内に入り、警察官が2人を見つけると、女性へ向かって「だ、大丈夫ですか?怪我はないですか?」と話しかけてきた。「え?なんで俺がぶつけられたのに、この警察官は女性の心配ばっかりしてるのだろう?」男性は少々不思議に思った。

そのあと、すぐ、その理由がわかった。

男性は強面、女性は若くて部屋着スタイル、これだけの情報で警察官は女性のことをDV被害者だと思ったらしい。つまり、私の知り合い男性が勝手にDV加害者と判断されたのだ。

「まったくひどい話だよねー」

怒りながらも笑い話として話す男性に私は半分笑って、半分笑えないと思ったのだ。

 

見た目だけで判断されることは少なからずあって、これに私もややハマったことがある。私の場合はこの男性とは違った意味で困ることが多かった。

 

小学校へ入学してしばらく生活するうちに、私は自分自身を平均値ぐらいの人間なのだと判断した。運動こそ得意ではあったが、特に目立つ行動をするわけでもなく、勉強もそこそこで、大きく劣っている実感もなかったため、まあ普通かな?ぐらいの感覚でいた。家庭訪問で先生が「何も話すことがない」と言ってしまうような子といえば、なんとなくわかって頂けると思う。

だが、年齢が上がってくるにつれ、内面こそ変わらなかったが外見に対して色々言われるようになった。大人は私のことを「賢そうな子」と言い、同年代の子は「きれい」と言った。私には兄がおり、兄が好き勝手にやるタイプだったこともあって比較されることも多かった。「お兄さんは好き勝手やるけど、えこさんはしっかりしてますね」とよく言われた。私自身、自分がしっかりした人間だとは思っていなかったが「皆がそういうのならそうなのかも知れない」となんとなく頼み事も引き受けて過ごしたりしていた。「お兄さんに似なくて良かったね」と3人の別の先生から言われたのも今となっては笑えるけど、「兄に似てる方が気楽ですよ」っていつも言い返したかった。

中学生の頃にクラスの文集で色々なランキングを書くページがあり、私は「クラスで一番かわいい子」に選ばれていた。これって、華やかな生活を送っている女の子だったら嬉しいのかも知れないけれど、私はあんまり嬉しくなかった。目にした時にすぐに思ったのは「また、嫌な気分になることが増えるかもしれない」だったのだから。とにかく中身が華やかじゃないので、このようなランキングから除外してほしかった。「陰口の対象になるのが目に見えているじゃないか」と思ったのだ。

実際に面倒だと思ったのが、高校生の時に1つ上の先輩が合コンのようなことをして、相手の男性陣の中に私と同じ中学の人がいたので「えこって子、知ってる?」と聞いたら「えこ?えこってあの可愛いえこさん?知ってる、知ってる」と答えられたとやや怒りながら話してきた。「私、あの人があの中では一番良いと思ってたのに、えこの話に食いつきすぎてた」と先輩に言われ、「知るかよ!」と思った。「私はなんにもしていないのに、なんだよ!」と思った。

また別の話で「卒業アルバムを見てたら懐かしいなって思って」と突然電話をかけてきた同級生の男の子がいて「あー、そんな子もいたな」と思い、少し話をしてたら突然、卑猥な話ばかりし出したため、びっくりして電話を切ったことがあった。そのあと、ちょっと落ち着いてから別の同級生にこんなことがあったと話してみたら、「それ、たぶん◯◯くんに成りすました別の人だよ」と言われた。卒業アルバムって怖いなってその時思った。

それから、けっこう面倒だなと思っているのが一目ぼれをしたと告白してくる人で、この場合、たいてい彼らの頭の中は性格も美しい私の像が勝手に作られていることが多かった。先日、テレビ番組で作家の海猫沢めろんさんが「好きな人を殺したくなる。自分で作り上げたその人のイメージの方が好きで、本人を殺せばイメージがオリジナルになるから… 」と話していて、うわって思った。これは極端だけれども、一目ぼれと言って下さる方の多くはイメージで勝手に作り上げていることが多いように思うのだ。「それが美しすぎたら、あたしのその後の評価は落ちる一方ですやん!」って辛くなるだけなので、一目ぼれは信じないことにしている。経験上、そう思った。

容姿が関係してくるのかはわからないが、若い頃は腕を突然引っ張られるナンパとか「一晩、どう?」と手を握って話しかけてくるおっさんにも出会ったため、近しい関係の人以外に触られると不快なだけではなく、怖いと感じるようになってしまった。

 

最近は「おばさんの中のおばさん」にやっとなれたので、そういった不快な出来事が減って良かったなぁと心の底から思っている。

良いよ、おばさんって。

幸せだよ。

 

横柄な態度に出ないおばさんはけっこう中身が可愛らしかったりもするので、おばさんを観察してみるのもけっこう面白いかも知れませんよ☆