読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

2016年に私が購入した絵本です☆

f:id:bambi_eco1020:20161219213547j:plain

またまたこの季節がやってきました。一昨年、昨年に続き、「私が今年購入した絵本(今年発売したものに限る)」を書いてみました。1冊だけ、昨年末発売の絵本があるのですが、昨年の記事を書いた後の発売でしたので、お仲間に入れさせて下さい。

今年は気になる絵本が多く、購入をだいぶ見送ったので「あれ?記事になるかしら?」と思ったのですが、いざ並べてみたらけっこうありましたね。本当はもっとほしかったんですけどね、えへへ☆

面白い絵本、泣きそうになった絵本、好奇心を刺激された絵本などなど、いろんな絵本が混ざっています。1冊でも読んでみたい!と思ってくれると絵本があれば嬉しいです。

 

築地市場

f:id:bambi_eco1020:20161219212711j:plain

この本の発売日は昨年末なのですが、「2015年に購入した絵本」を書いたあとに購入したので紹介します。

タイトルどおり、築地市場の絵本です。とにかく絵が緻密で、ページの隅々まで楽しむことができます。築地市場に魚がとどき、それをさばいて販売するまでの様子や道具、機械を知ることができるので、興味をそそられること間違いなしです。

豊洲移転問題が浮上する前に発売された絵本であり、築地市場の記録として残そうとした絵本でもあるように感じました。

 

 

 

『うめじいのたんじょうび』

f:id:bambi_eco1020:20161219212752j:plain

かがくいさんが亡くなられて、もう新しい絵本は出版されないと思っていたのですが、講談社から、かがくいさんのデビュー前の絵本が出版されました。

しわくちゃが可愛いうめじいはいったいいくつなんだろう?

あさづけきゅうり、たくさん、らっきょう、せんまいづけ……様々なお漬物達がうめじいに尋ねますが、うめじいの「トーテンポー」「ウッスラペン」などのうめことばが難しくてわからないのです。さて、それからどうしたのでしょう?

初期作品ということで、かがくいさん好きの方にはストーリーがちょっぴり物足りないかも知れませんが、キャラクターの可愛さと音の楽しさはこのころからずっと変わっていないと感じられる絵本でした。温かさと優しさというかがくいさんの持ち味もうめじいの皺に刻まれているようです。

(こちらの文は以下の記事から抜粋しました)

bambi-eco1020.hatenablog.com

 

うめじいのたんじょうび (講談社の創作絵本)

うめじいのたんじょうび (講談社の創作絵本)

 

 

 

『家をせおって歩く』

f:id:bambi_eco1020:20161219212918j:plain

家をせおって歩いている村上さんの絵本なのですが、これが本当に面白くて読んですぐに記事を書きました。家をせおって歩く村上さんの持ち物や食事のこと、どこで眠っているかなど、ページをめくればめくるほどどんどん興味がわいてくるのです。

私が今年書いた絵本記事の中で、一番アクセスが多かった絵本です。

bambi-eco1020.hatenablog.com

 

家をせおって歩く (月刊たくさんのふしぎ2016年3月号)

家をせおって歩く (月刊たくさんのふしぎ2016年3月号)

 

 

 

『おしりたんていふめつのせっとうだん』

f:id:bambi_eco1020:20161219213145j:plain

大人気の「おしりたんてい」シリーズは安定感抜群で、安心して笑えます。このままいくと、ゾロリのように巻数を伸ばすかも知れませんね。パッとみたわかりやすさ、読みやすさは本が苦手な子でも入りやすいだろうなっていつも思っています。おならで解決する場面の劇画タッチがとにかく大好きなんです。

 

おしりたんてい ふめつの せっとうだん (おしりたんていファイル)
 

 

 

『エスカレーターとエレベーター』

f:id:bambi_eco1020:20161219212938j:plain

私のブログを読んで下さっている方ならおわかりだと思うのですが、うちにはエレベーターマニアの息子がいるんですけど、Twitterで仲良くさせて頂いている絵本友達さんが「今月のこどものとも、エレベーターだよ!!」と教えて下さって購入した絵本です。

「かがくのとも」3月号の「エスカレーターとエレベーター」はエスカレーター、エレベーター、それぞれの役割と構造がわかりやすく絵本としてまとめられていました。乗る際のマナーも学べます。協力に三菱電機株式会社と記載してあるのですが、それを見せずに息子を呼び「このエレベーターとエスカレーター、どこのメーカーかわかる?」と聞いてみたところ、「三菱だと思う」と答えていましたので、きっちりと絵で表現されているのだと思います。

 

かがくのとも 2016年 03 月号 [雑誌]

かがくのとも 2016年 03 月号 [雑誌]

 

 

 

『きのこって なんだろう?』

f:id:bambi_eco1020:20161219213035j:plain

私はきのこが好きなんですけど、友人が「今月のこどものとも、きのこだよ!!」と教えて下さって購入した絵本です。いやぁ、皆様の情報には本当に助けられております。

菌類は植物や動物のいらなくなった体を食べ、分解して再び土に戻す働きをしていることを、ベニテングダケを例にとり、わかりやすく描いています。そのほか、色々な種類のきのこの紹介もしているので、こどもに限らず、きのこを知りたい方にはおすすめできる絵本です。

 

 

『ほしじいたけ ほしばあたけ じめじめ谷でききいっぱつ』

f:id:bambi_eco1020:20161219212828j:plain

「ほしじいたけ ほしばあたけ」の続編です。続編となると、面白さがだいぶ下がる本もたくさんあるんですけど、いやぁ、すごい。これは続編も面白かったです。

干ししいたけに限らず、登場するほかのきのこも、それぞれの特性を生かし、忍び寄る黒い影に立ち向かっているのが面白くて大好きです。

私がきのこ好きっていうのもあるのですが、この絵本は本当に面白いので絵本売り場でみかけたらぜひ読んでみて下さい。

 

 

 

『これはすいへいせん』

f:id:bambi_eco1020:20161219213047j:plain

谷川俊太郎さんとtupera tuperaの初コラボ絵本は「つみあげうた」による音の楽しさ、物語が一周していく心地よさがありました。tuperatuperaさんの曲線の少ない絵と谷川さんの文章も合うんだなって思わされました。

読み聞かせで使うと面白いのではないかと思います。

bambi-eco1020.hatenablog.com

 

これはすいへいせん

これはすいへいせん

 

 

 

『たべたのだーれだ』

f:id:bambi_eco1020:20161219213105j:plain

こどものとも0・1・2」8月号の「たべたのだーれだ?」

乳児向け絵本はできるだけ購入しないようにはしているんですけど、これは可愛くてついつい購入してしまいました。

チーズをたべたのだーれだ?はっぱをたべたのだーれだ?

問いかけながら、穴の向こうにちらっと見えるいきものを当てながら読んでいくことができます。開いている穴がそれぞれかじったような形をしていて楽しいです。ボードブックなので多少乱暴に扱っても破れないのが良いですね。

bambi-eco1020.hatenablog.com

 

 

『とりかえっこ とりかえっこ』

f:id:bambi_eco1020:20161219212905j:plain

これも乳児向け絵本なのに可愛くて購入してしまった絵本です。

くだものさんが洋服(皮)をとりかえるのですが、くだものの表情が豊かで、思わずにやにやしてしまいました。色使いもきれいでわかりやすくのが良かったです。

bambi-eco1020.hatenablog.com

 

とりかえっこ とりかえっこ

とりかえっこ とりかえっこ

 

 

 

『もじもじこぶくん』

f:id:bambi_eco1020:20161219212951j:plain

「もじもじこぶくん」はきくちちきさんの絵にやられます。アイスクリームを買いにいったこぶくんが、恥ずかしくてなかなか声が出せない様を見事に絵で表しているのです。伸びやかな線、淡い色使いが素敵でこどもの可愛らしい部分を感じ、きゅんとなってしまいました。

bambi-eco1020.hatenablog.com

 

 

『でてくる でてくる』

f:id:bambi_eco1020:20161219212622j:plain

 「ばけばけばけたくん」シリーズを描いている岩田明子さんの絵本です。しーんとしずかな真夜中の公園の遊具からいろんな動物がでてくるでてくる絵本です。シンプルな設定でありながら、絵に躍動感があってものすごい迫力なのです。個人的にはブランコから出てくる「たこ」と、ジャングルジムから出てくる「うみがめ」に心を持っていかれました。出てくる動物によって文字も工夫されているので、見逃してはいけません!

 

でてくる でてくる

でてくる でてくる

 

 

 

『なきむしこぞう』

f:id:bambi_eco1020:20161219213121j:plain

 酒井駒子さんの絵に惹かれて購入しましたが、絵だけ絵はなく、物語も素敵でした。文字が多いので、ひとりで読むなら小学校低学年ぐらいが良いのかも知れません。優しくて温かいお話を読みたい方にはおすすめです。

こちらも読んですぐに記事にしました。

bambi-eco1020.hatenablog.com

 

 

なきむしこぞう

なきむしこぞう

 

 

 

『きょうはそらにまるいつき』

f:id:bambi_eco1020:20161219213006j:plain

荒井良二さんが数年前に出版された「あさになったのでまどをあけますよ」も素晴らしかったのですが、『きょうはそらにまるいつき』も同じように素晴らしいと思いました。

そらにまるいつきのある夜、いろんな人がお月様を眺めています。みんな、どんな思いで月を眺めているのでしょう。細かい心理描写は描かれず、ただ淡々と、まるいつきを見上げる人を何人も描いています。それだけといえばそれだけ。けれど、それだけじゃない。まるいつきはささやかな希望なのか、喜びなのか。それとも……。

絵だけで温かさを表現できる荒井さんってすごいなと思わされる絵本でした。

 

きょうはそらにまるいつき

きょうはそらにまるいつき

 

 

 

『とうだい』

f:id:bambi_eco1020:20161219212515j:plain

詩人である斉藤倫さんの絵本です。斉藤さんの言葉のリズムが最後まで心地よく、小池アミイゴさんの絵も文章を際立たせているとっても素敵な絵本です。

岬に一本、灯台がたちました。毎日海を眺めている灯台のところへやってきたのは渡り鳥。彼らから遠い国の驚くような話を聞いた灯台は、自分はどこにも行けないことを痛感します。そんなある冬の夜、灯台は大嵐に襲われます。吹きすさぶ雨風のなか、灯台にできることとはいったい……?

灯台にできることだってあるんです。ただ、そこにいることって大事だと思うし、いてくれるからこそ周りが安心していられるのです。

静かで穏やかで温かみのある絵本ですが、もしかしたら、幅広い読み解き方ができる絵本なのかもしれません。

 

とうだい (日本傑作絵本シリーズ)

とうだい (日本傑作絵本シリーズ)

 

 

 

『ぼくたちが越してきた日からそいつはそこにいた』

f:id:bambi_eco1020:20161219212855j:plain

 エドワード・ゴーリーが絵を担当している絵本なのですが、いつものゴーリーとは違い、温かい仕上がりになっています。読後はやや感傷的になるものの、おぞましさはありません。引っ越したばかりの家にいたふさふさの犬。どうして犬はそこに居続けるのだろう?犬を構いながら試行錯誤を繰り返す弟と、一歩ひいてゆっくり観察しながら、犬とかかわろうとするぼく。どちらも優しいのだと思いました。

ノスタルジックな色使いも味わいがあって素敵です。

 

ぼくたちが越してきた日から、そいつはそこにいた

ぼくたちが越してきた日から、そいつはそこにいた

 

 

 

『えとえとがっせん』

f:id:bambi_eco1020:20161219212450j:plain

年の瀬に、素晴らしきたぬきの絵本が読めるなんて!

とにかく面白い!楽しい!

出てくるキャラクターたちの愛らしさをどう表現したらいいのか私にはわかりません!本の紹介文に「大人気・石黒亜矢子が放つ、本格干支アクションコメディ」とありますが、本当にそのとおり。本格干支アクションコメディなのであります!間抜けなやつらを見たい人はこの絵本手に取ってくださいな!絶対面白いから!

 

えとえとがっせん

えとえとがっせん

 

 

***

絵本はこどもだけの読み物ではないので、普段絵本を読まないよって方もぜひ読んでみて下さいね。

年末までに私はまた絵本を購入してしまうかもしれません……!

 

関連記事:

bambi-eco1020.hatenablog.com

bambi-eco1020.hatenablog.com