バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

20190918 ~会話がしたかった

最近出会った人達にぽつぽつと自分の話をするようになった。内に秘めて消化する期間が長かったためか思考が整理され、笑いながら、というより、へらへらしながら言葉を発している。 進みたい気持ちはあっても心も同時についてこないと動き出せるものではなく…

子どもに頃に好きだった絵本「むるとめるのぼうけん」を購入したはなし。

Twitterを眺めていたら、とても懐かしい絵本の表紙が目に飛び込んできた。それは幼いときに好きだった絵本の1つ「むるとめるのぼうけん」だった。 「むるとめるのぼうけん」のあらすじは福音館書店のサイトに書かれている。 兄さんのむるは作りたがり屋。妹…

20190915 ~「本の会」 セウォル号事件、3.11以降の文学について話しました

ひびうたで行われた「本の会」に参加した。先月に続いて2回目である。書いていなかったが、こないだ「音楽の会」にも参加した。もう、ひびうたへの道順もだいぶ迷わなくなった。 今回、私は「ヒキガエルがいく」を紹介しようと決めていた。だが、この本を紹…

20190910 ~ホンモノ

秋めいた空気を感じたと思っていたのに、ここ数日の暑さはなんだろう。秋なのか、夏なのか。そのあいだに季節が存在するのか。わからぬまま、額から流れる汗を手で拭った。 空がニセモノみたいだった。真っ青な空とカリフラワーを大きくしたような雲の色が鮮…

20190909 ~作ってもらった本棚が素敵なのです

「この壁一面を本棚にしたいの」 私が発した無茶ぶりな一言を受けて友人がDIYで本棚を作ってくれた。 まさかDIYするとは思わず、うわー過酷な道を選んでくれて!と思ったが、私たちの意見を取り入れようとしたらDIYが一番良いと判断してくれたのでは?と出来…

20190903 ~笑って生きてます「が」

実家から梨が届いた。梨を運んできた宅配便の方が、ピンポーンとインターホンを鳴らした。だが、私と子どもは来訪者にたいして警戒心が強いため、すぐに動くことが出来なかった。住まいにはインターホンしかなかったが、息子が後付けのモニターを設置してく…

20190902 ~日記を書こうよ

Twitterで「ブログに日記を書こうよ」って書いたら数人の方に「ブログって日記を書くものじゃないの?」と聞かれた。その疑問があまりにも素直であったので、はてなでブログを7年ぐらい続けてきた私は少しだけ斜めにモノを見るようになってしまった可能性が…

20190901 ~そこそこ大人なので

自分自身でも答えがわからない不透明な感情を持っていることが多々あるのだけれど、そんな時に文章を書くことによって思考が整理されて答えが近づくことがある。必ずしもそうなる訳ではないのだが、気持ちを言葉に表すことはひとつの方法だとは思っている。 …

20190831 ~満員電車がイヤだったから

学生の頃、満員電車が息苦しくなってそのまま授業をサボったことがある。降りたのは新宿で、東口から出てぶらぶらと歩き伊勢丹へ行った。別に目的があって伊勢丹に入った訳ではなく、何にも考えたくなかったからとりあえず大きなデパートに自然と足が向いた…

20190830 ~ささやかな

ふわふわと動き続けた8月ももう終わる。 4月からずっと自分の立ち位置はどこなのかを考えていたが、8月は考えることを少し放棄して楽しむことに徹した。そうでもしないとバランスが悪かった。苦しいとか辛いとか一言で表すような出来事がどどーんと起きるっ…

VIDEOTAPEMUSIC@名古屋QUATTROへ行きました

VIDEOTAPEMUSIC@名古屋QUATTROへ行った。 先に書いてしまうとVIDEOTAPEMUSICに関してものすごく詳しいわけでもないし、熱烈なファンというわけではない。(なかったになる可能性はある) 今までVIDEOTAPEMUSICの存在は知っていたし、音も嫌いではなかったけ…

20190828 ~よるのおと

よだれを垂らすほど深い眠りについたためか、真夜中に目を覚ました。夜は涼しく夏は遠くへ去っていったかのようだ。外からカエルの声が聞こえてくる。近くの田んぼがすでに稲刈りを終えたことが影響しているのか数日前からまたカエルが騒ぎ出した。このカエ…

西麻布にあるイタリアンダイニング『mingo』へ行きました(食レポではない)

東京へ行った時に久しぶりに友人とご飯を食べた。 行ったお店はこちらも久しぶりとなってしまった西麻布にあるイタリアンダイニング『mingo』である。たぶん3年ぶりくらい。 店長に忘れられているのではないかという心配をし、どきどきしながらドアに手をか…

『虫展 デザインのお手本』へ行きました

8月のある日、東京を1日中ふらついておりました。 その時のことをまだブログに書いてなかったのでぼちぼち書いていきたいと思います。(夏が終わっちゃうので!慌てて!) *** 六本木にある21_21 DESIGN SIGHTギャラリーで開催されてる『虫展 デザインの…

20190824 ~キラキラしたもの

ロロ「いつ高」シリーズ二本立てを観てきた。高校の休み時間の風景を現役高校生が演じた一本目、放課後の風景を高校を卒業してそこそこ経った方が演じた二本目。対比の楽しさもあったが、どちらもキラキラと瑞々しく高校生であった頃の何気ないやり取りを思…

20190823 ~『音楽の会』に参加しました

『音楽の会』に参加した。 場所は先日『本の会』が行われた「ひびうた」で、参加するのははじめてだったけれど1度訪れた場所というのが私にとっては大きく、前回ほどの緊張感はなくリラックスできたように思う。驚いたのは金曜日夕方の道路の混み具合で、ま…

20190820 ~忘れちゃだめよ

小学生の登校日。「上靴がない!」と娘が探してた。私が上靴袋と思っていたのは体育館シューズ袋だったようだ。 「ないなら、ないまま行きなさい!」 そう言い残し、こちらは先に仕事へ向かった。 帰宅すると開口一番「上靴、学校に置きっぱなしだったわ!」…

20190819 ~日常があるから

お盆休み明け。 ぽやぽやする頭を叩きながら、洗濯機から洗濯物を取り出した。空が暗く雲が厚かったため、天気予報を調べた。うん、微妙。とりあえず外に干して雨が降ってきたら移動するように子供達に伝えた。朝食の準備、昼食作り、お茶を冷水筒に入れた。…

20190818 ~『本の会』へ行きました

以前から気になっていた「本の会」に参加してきた。気になっていた期間は長いのに行くことが出来なかったのは、勇気のなさもあるけれど単純に色々な意味で余裕がなかったからだ。苦しいことが多くて自分の時間について考えることもできなかった。 最近やっと…

20190813 ~手を添える

今日行った本屋にハン・ガン『回復する人間』が置いてあったため、迷わず購入した。 「このままで良いですか?」 咄嗟に「はい」と返事したものの、持もちのバッグが小さかったため本を手で直接持って歩くこととなった。書店のカバーはかけてもらったが、手…

20190812 ~好奇心のかたまりだから

帰省してゆっくりしている。ハン・ガン「回復する人間」を読んでいるのだが、まだ半分しか読んでいないのに何とも言えない気持ちになっている。私の心の開けていなかった幾つかの引き出しのひとつを開けてしまったようだなって思っている。回復するのは大変…

20190811 ~甘える

帰省をしている。 年に2回程度しか帰ることのない私は帰る度に両親の老いと自分の年齢について考えてしまう。両親の老いは家の老朽化と比例していて、家の傷んでいる箇所を手でゆっくり撫でると何とも言えない感情が襲ってくる。私は帰るといつまでも子ども…

20190810 ~すごろくみたい

実家に帰省した。 家から実家までの400㎞をこえる道のりを車で帰るのは何回目になるだろうか。距離は長いけれど、これもアミューズメントのように楽しんでしまえばわくわくすることしかない。急いで帰る必要もないので、気になったサービスエリアなどに寄っ…

20190809 ~すぐにわすれてしまう

Twitterでこのようなツイートを目にした。 じつは、生きているのが素晴らしいのではない、自由が素晴らしいのだ。そして生きていればいい。ということではない。そんなことを考えさせられる、いい体調不良の一週間だった。— 幡野 広志 (@hatanohiroshi) 2019…

20190808 ~一歩!

いつもなにかを考えている。多くはくだらないことだけど、それでもなにかを考えている。今日は振り返っても止まっても良いけれど、時が動いていることを意識しなければと考えていた。 私は慎重で臆病なため、新しいところに飛び込むことがとても苦手だ。一歩…

20190807 ~私の笑顔を奪ってくれるな

よく覗かせてもらっていたブログの人が知らぬ間に結婚していた。めでたいことである。今追って見たら、春頃にちゃんとブログに書いてくれていたのに私が見落としていた。 あの頃、私は自分のことでいっぱいいっぱいで私が過ごしている時間しか見えていなかっ…

20190806 ~今を生きているので

先日、娘を歯医者へ連れていった。処置をしてもらい外に出ると、駐車場で小学生と思われる3人の男の子が獅子舞をしていた。ひとりが頭、もうひとりがその後ろ、さらにもうひとりが補助のような形で、口をカパカパさせながら、上手に操っていた。周りにはもう…

20190805 ~空気のように感じられるほど

車で信号待ちをしているとき、風に吹かれてステッキみたいに曲がっているねこじゃらしを見ていた。エアコンのきいた車内で眺めているぶんには涼しそうに見えたが、外はうだるように暑いのだとわかるくらい空も田んぼも鮮やかな色をしていた。 色と色が混ざり…

20190804 ~「きょうだい」っていいな

読んでいた本に出てくるきょうだいの性格描写の部分に納得していたら、なんとなく兄の顔が浮かんだ。 私と兄はおそらく仲は悪くないと思う。これといった喧嘩をしたこともなく、嫌な言葉を投げられたこともない。だが、私達は本当にお互い連絡を取り合わない…

20190803 ~ぱんのみみ なげました

少しの間、進むというより安定を選んで生活をしていたのだけれど、ここら辺でそろそろ水路を飛び越えるように軽やかに進みたいと思っている。というより、やる。 にこにこしながら毎日を過ごしてはいるが、1日の中で何回か不安やさみしさが襲ってくる。そん…