バンビのあくび

適度にテキトーに生きたいと思っている平民のブログです。

2021.12.26

雪が降ったり止んだりしていた日。 出かけられそうな気もしたけれど、帰って来られなくなったら困るので家で過ごした。 私が一歩も外に出ない日は珍しい。たいてい、一歩は外へ出る。スーパーへ行くとか、ゴミを出すとか。 映画を観たり本を読んだりうとうと…

2021.12.25

何をするか特に決めていなかった日。 娘は友達とクリスマスパーティー、息子はバイトだと言うので、昨年京都のミナペルホネンで購入したベルバッグを持って出かけることにした。 三重県立美術館で開催中の杉浦非水『時代をひらくデザイン』へ。 思ったより空…

2021.12.24 口ずさむ

会社の事務所にいたら、作業をしている現場からSaucy Dogの『いつか』が聴こえてきた。 坂道を登った先の暗がり 星が綺麗に見えるってさ 寒くなる始めると聴きたくなるような切なさを含んだ曲が始まり、慌てて現場へ駆け出し、曲をかけた人に「なんでサウシ…

2021年に私が購入した絵本を紹介します

今年も、私が購入した絵本についてまとめてみました。 「今年購入した絵本」で記事を書くのは8年目です。 今年購入した絵本は「今年発売したものに限る」というルールで書いております。(このルールがないと、とんでもないことになるとかならないとか……) あ…

2021.12.21 ~積み重ねる

首をカメのように引っ込めて歩く日とカモシカのようにまっすぐに疾走する日を繰り返している。 1年が始まるときは、365日に期待を膨らませ、やりたいことリストを書き出すくらいの勢いでいるけれど、実際には12月になると何にも遂げていない気持ちになる。 …

2021.12.17

いそがしい。 忙しさを言い訳にし出すと何にも出来ないので大声では言わないが、ここでは好きなだけ言えるからね。 I・SO・GA・SHI・I。 昨日は朝8時前から仕事を開始し、退社したのが19時回ってた。珈琲など、口に入れて流れていくものは摂っていたけれど、…

ぼぼちゃん。

娘が大事にしているサルのぬいぐるみ、ぼぼちゃん。「ぼぼ」は「さるぼぼ」由来。 娘のぬいぐるみのはずが、最近は私の方がぼぼと過ごすことの方が多い。ちょっとまぬけな表情で、お腹がぽっこり出ているのが可愛らしい。一応、JELLYCATCATなのだが、ググっ…

2021.12.14 真っ白

今夜はふたご座流星群が見られるらしい。 「ふたご座流星群を見るには……」 気象予報士がいくつかのアドバイスをしていた。月が出ている時間は月を背にし、逆の空を見た方がいいこと、月が沈んでからの時間はもっと多くの流れ星が見えること、どこの方角を見…

江國香織さんのレクチャーが素晴らしかった話。

12月12日。 四日市にあるこどもの本屋「メリーゴーランド」で開催された江國香織さんのレクチャーへ行ってきた。 レクチャーへ参加してみたいと何年も思っていたけれど、生活(心も)がなかなか落ちつけずやっと実現できた。 今回、定員50名ところを状況も落ち…

夜をあるく

2年半くらい前にとても悲しいがあった。その日は家にじっとしていられなくて、夜に外へ出た。何も目的などはない。ただ、どこまでも続いている道を行けるところまで歩いた。歩きはじめたときは、頭の中が混乱していておそらく無表情だったと思う。しばらく歩…

2021.12.11 ~いろんなためいき

「ぱりんこ」を頂いたのだが、パッケージが私の知っているものではなく、なにやら「なきんこ」を名乗る可愛いキャラクターが描かれていた。ぱりんこが何枚も入っている袋をみたら他にもいろんなキャラクターが描かれていた。 かわいい。いつからこんな仕様に…

2021.12.10

音楽番組をチラッと観たら、懐かしい曲が流れてきた。歌っているそのひとが若い頃にリリースした曲は色褪せることなくまだ響いてくるものがある。 ふと、このひとはだいぶ歳を重ねたなと感じた。それと同じだけ私も歳を重ねている。 こどもの頃、家族で音楽…

2021.12.9

玄関を出て外のひんやりした空気を感じるとき。 外から建物の中へ入ったとき。 温度の差に体がビクッとする。 ビクッとした体はやがてその場に馴染み、何事もなかったかのようにまた動き始める。 私が波だとして、まっすぐに浜辺に向かって進んでいく。浜を…

「覚える」こと

先日のこと。 取引先からの問い合わせに答えていたら、だいぶ込み入った内容になってきたため「注文になるようでしたら私宛でお願いしますー」と伝えたところ「はい……えっと、Aさん?それともBさん?」相手は迷いながらそう言った。 Aは私が結婚していた時の…

踊り続ける

ここ数ヶ月、AKB48の『根も葉もRumor』をよく聴いている。この曲はAKB48にとって約1年半ぶりに発売されたシングルだ。AKB48の全盛期のメンバーの名前は言えるのに、それ以後のメンバーが誰かわからないって方は多いのではないだろうか。私もそのひとりで、ず…

ツイードに恋して

まだインターネットで情報を得ることのできなかった高校生の頃、Oliveに載っていた東京のお洋服SHOPマップを眺めるのが好きだった。当時は埼玉に住んでいたため、東京はそんなに遠くはなかったけれど、部活動が忙しく(詳しくはスポ根カテゴリ参照)なかなか休…

2021.12.5 ~ 笑っていたらそれでいいの

書き出せば次から次へとことばが溢れてくるのに書くことを1週間以上していなかった。 これは良くない。精神的に。 できるだけ楽しく穏やかに過ごそうとしているし、それなりに楽しい日々を送っているが、ずっと抱えている感情があり、時々それが大きくなっ…

2021.11.25

はてなブログが10周年を迎えたらしい。 10周年記念特別お題があったので、それで何かを書こうと思い、思ったままでいたら締め切りが昨日までだった。やはりなんでもすぐに取りかからないといけない。今日は年末調整書類を提出した。微々たる金額ながら子ども…

健康診断を受けたはなし。2021

やあやあ! 地上の皆さん、こんにちは!宇宙の皆さん、こんにちは! 今年もめでたく健康診断を終えたので、健康診断のはなしを書いていきたいと思います。なぜか健康診断のことを書くときは、このテンションでないと乗り切れません! イヤッホゥ! 朝、7時半…

端っこを歩く

いつもより30分くらい遅く退社したら、外はもう真っ暗だった。外灯のない道を心細くなりながら駐車場まで歩いた。 できるだけ端を歩く。 車が来たときに気づかれなくても轢かれないように。できるだけ端へ。 端を歩きすぎて時々よろけながら車にたどり着いた…

ある日曜日の話。

日曜日。 人と会う約束をしていたので名古屋へ向かう。お昼頃待ち合わせ予定だったため、早めに名古屋へ乗り込み、円頓寺商店街で開催されていた『本のさんぽみち』へ。 『本のさんぽみち』は簡単に説明すると、本屋さんや一般の人が販売している古本市であ…

環境は大事

塾の保護者会があった。 勉強法や受験の説明などを聞いたのだが、その中で「成績を上げるためには次の3つが大事です」と黒板に書かれた文字を指しながら、塾講師が話始めた。 2つは省略するが、最後の1つに「環境」と書かれていた。 娘と顔を合わせ「環境は…

思いを言葉にする

土曜日。 津あけぼの座で下鴨車窓『透明な山羊』を観た。下鴨車窓を観るのは『漂着』に続いて2度目。 実は『漂着』はあまり好きなタイプではなかった。私が『漂着』を観たのは調べてみると6年前。私が三重県立文化センターで演劇を観始めたのは8年前ぐらいな…

傘のむこう

意識せずとも鼻腔を刺激していた金木犀の香りはいつの間にか何処かへ消えていった。 半袖を着ればいいのか、それとも長袖にするか、悩んでしまうような気候は私の移ろいやすく、ぐらぐらしている心のようだと思う。 手を伸ばしても届かないものへ思いを馳せ…

意思の表明

伏見ミリオン座で『コレクティブ 国家の嘘』を観た。 映画「コレクティブ 国家の嘘」公式サイト|10月2日(土)ロードショー (transformer.co.jp) 2015年10月、ルーマニア・ブカレストのクラブ“コレクティブ”でライブ中に火災が発生。27名の死者と180名の負傷…

基本の「キ」

物事はなんでも、基本をある程度理解してからアレンジを加えるものだと思う。 それを一番最初に学ぶのは算数のような気がする。基本の計算ができなければ応用問題が解けないことを多くの人が知っている。 それなのに「大人」と呼ばれるような年齢になると、…

バランス

いつも誰かの悪口ばかり言っている人がいる。口を開けば文句ばかり。その人の口から、美味しいものを食べた話や可愛いものを見つけた話を聞いた記憶がない。悪口がその人のエネルギーになっているのだろうか。 だとしたら、私はそんなエネルギーいらない。 …

岩出菌学研究所さんよりオオイチョウタケを頂いたのでお料理しました!

今年も岩出菌学研究所のFさんより、オオイチョウタケが送られてきてきました。 津市美杉で試験栽培されているオオイチョウタケをご厚意でおすそわけして頂いているので、オオイチョウタケ料理を作ってみましたー! 『炊き込みごはん』 オオイチョウタケを美…

シャインマスカットを頬張ると。

昨日、コロナワクチンの2回目接種をした。 1回目は拍子抜けするほど副反応がなく、ラクだけれど私の体のメカニズムはどうなってるのかなと思っていた。2回目は翌日に発熱や関節痛があると聞き、体の変化を何時間かおきに確認した。とりあえず今のところは熱…

まるがひとつ弾けて。

4回に分けて「私の父の話」を書いた。 ごく平凡な生活を送った、ただの男の人の話は誰かにとって何かを生み出すようなことはないと思う。けれど、私にとって「父のことを書く」行為は必要であったように感じている。 以前、iakuという劇団の「目頭を押さえた…